高貴なカキドオシ

2016年4月下旬撮影

漢字にすると『垣通し』。

垣根を越えて侵入してくるほど繁殖力がすさまじいのだろう。

どちらかと言えば、少々痛めつけられても、身につけた生命力で這い上がってはDNAを拡散し続けている『雑草』とみてしまう。

ところが薬にもなるらしい(なっていたらしい・・か)。

咳止めの薬か熱冷ましの薬かは知らないが、科学的な根拠があるのだろう。

しかしながら、私にとっては「だからどうした」程度でもある。

そんな平凡で、見向きもされないカキドオシであるが西陽を浴びた姿をじっくり覧ていたら、愛おしくなってきて撮らずにはいられなくなった。

おそらくは私以外の目に覗き込まれることもなく、やがては枯れて朽ち果て、土に還っていくだろう小径脇のカキドオシ。

人知れず、その一生を終える前に、スポットライトの中で輝いてくれた一瞬をパチリ。

影の部分が暗く沈んで、意とした雰囲気は出せたかも?

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  滝沢にて

撮影時、ブヨに手足や額など、こてんぱんにやられてしまった。

その後、一週間ほど、風呂上がりにオロナインを塗っておりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼と空き缶

オイラも撮ってケロ!

関連記事

  1. ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

    クソ暑い日が続き、些細なことにまでイライラしていたが、こうも続くとそ…

  2. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  3. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  4. 桜の花

    本日21日は会社で健康診断。平日は業務の都合で人が集まらない。休日なら休み…

  5. 赤と白の長靴

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  6. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  7. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきって…

  8. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。