高貴なカキドオシ

2016年4月下旬撮影

漢字にすると『垣通し』。

垣根を越えて侵入してくるほど繁殖力がすさまじいのだろう。

どちらかと言えば、少々痛めつけられても、身につけた生命力で這い上がってはDNAを拡散し続けている『雑草』とみてしまう。

ところが薬にもなるらしい(なっていたらしい・・か)。

咳止めの薬か熱冷ましの薬かは知らないが、科学的な根拠があるのだろう。

しかしながら、私にとっては「だからどうした」程度でもある。

そんな平凡で、見向きもされないカキドオシであるが西陽を浴びた姿をじっくり覧ていたら、愛おしくなってきて撮らずにはいられなくなった。

おそらくは私以外の目に覗き込まれることもなく、やがては枯れて朽ち果て、土に還っていくだろう小径脇のカキドオシ。

人知れず、その一生を終える前に、スポットライトの中で輝いてくれた一瞬をパチリ。

影の部分が暗く沈んで、意とした雰囲気は出せたかも?

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  滝沢にて

撮影時、ブヨに手足や額など、こてんぱんにやられてしまった。

その後、一週間ほど、風呂上がりにオロナインを塗っておりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼と空き缶

オイラも撮ってケロ!

関連記事

  1. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  2. 落ち葉とフキノトウ

    2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影 今年のフキノトウの…

  3. 白黒写真・水芭蕉

    今年3月末に撮影した水芭蕉。富士フィルムのリバーサルフィルムRVP100を…

  4. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  5. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  6. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか。も…

  7. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  8. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。