高貴なカキドオシ

2016年4月下旬撮影

漢字にすると『垣通し』。

垣根を越えて侵入してくるほど繁殖力がすさまじいのだろう。

どちらかと言えば、少々痛めつけられても、身につけた生命力で這い上がってはDNAを拡散し続けている『雑草』とみてしまう。

ところが薬にもなるらしい(なっていたらしい・・か)。

咳止めの薬か熱冷ましの薬かは知らないが、科学的な根拠があるのだろう。

しかしながら、私にとっては「だからどうした」程度でもある。

そんな平凡で、見向きもされないカキドオシであるが西陽を浴びた姿をじっくり覧ていたら、愛おしくなってきて撮らずにはいられなくなった。

おそらくは私以外の目に覗き込まれることもなく、やがては枯れて朽ち果て、土に還っていくだろう小径脇のカキドオシ。

人知れず、その一生を終える前に、スポットライトの中で輝いてくれた一瞬をパチリ。

影の部分が暗く沈んで、意とした雰囲気は出せたかも?

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5  滝沢にて

撮影時、ブヨに手足や額など、こてんぱんにやられてしまった。

その後、一週間ほど、風呂上がりにオロナインを塗っておりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

朝焼と空き缶

オイラも撮ってケロ!

関連記事

  1. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  2. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。