岩鏡・・はかない命かな

2016年4月24日撮影 新発田市・滝沢
 22日、小径脇で顔を覗かせていたのは知っていたが、この時はまだ蕾。
連続する林の中、辺りの景色をしっかり目に焼き付けておいたつもりだが
この日の再訪時は途中で何度も足が止まってしまった。
「あれれ・・どこだぁ~」「杉が倒れていて、近くに椿・・・」
結局、通り過ぎたのは明らかで、引き返してきて、ようやく見つけました。
わずか二日間で朽葉色した小径は様々な植物が芽吹いて所々で萌黄色。
見上げる木々の葉はより一層密度を増し、陽の光を奪い取るような勢いで、
すり抜けた光が林床をスポットライトのように照らしていました。
気づかずに通り過ぎてしまっていたのも無理もありません。
 さて、イワカガミ。近くの本田地区で撮影したものより薄紅色。
葉の色つやも若々しく、ちょうどよい見頃を迎えていました。
陽の当たる部分を背景に選び、露出を明るめにかけてみました。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

注:その後、三度訪れたときは根こそぎ持って行かれてました。
  残念ながら、最初で最後の姿がご覧の写真。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

岩鏡

朝焼と空き缶

関連記事

  1. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  2. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  3. ツリガネニンジン

    花の形が「釣り鐘」で、根っこが「人参」のそれに似ているからこうした名…

  4. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  5. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ…

  6. 珊瑚色の猩々袴

     灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。今回の写真は、”灰桜”…

  7. 冬枯れにヒヨドリ

    葉がすっかり散り落ちて、見るからに寒そうなハゼの木にヒヨドリがやってきた。…

  8. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。