花園ヨシゴイ

 藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。
ちょうど出入り口付近にヨシゴイが佇んでおりました。
右を見て、正面を見て、そして左を見ているようです。
事実、ポジには撮影ナンバーがあるから、その順にしたがって並べると
当時の様子が自ずと分かってくるのです。
ヨシゴイは首を長くして緊張しているでもなく、「また、アンタ?」
てな顔つきで私には余り関心なさそうな様子(確認したわけでない)。
 私のほうも「何が何でも撮ってやるぞ~」なんて考えもせず
地面に胡座かいてタバコをプカプカさせていたのだと思います。
 白い花が咲いてますが、これは野イバラでしょうかね。
 RDP  500㍉  NikonF3 (過去写真・初掲載かな)瓢湖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

土筆と朝露

寄り添う土筆

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  3. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。