春花火

2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢

民家が向かい合う狭い路地を進むとそこは林の中。

墓石が並ぶ駐車場がポッカリ空いて、そこから先は別世界。

山の香が漂ってきて、ついさっきまでいた場所と今自分がいる空間とを完全に遮断してしまいます。

そう、ここに来ると、いつもそんな感覚になってしまう。

どうも、ここは独特の空気が漂っている。

小径を歩く道中もいにしえの人々の魂が降り注いでくるようで右を見て左を見て、そして何度も空を仰いでしまいます。

でも何故か、いい意味での緊張感、そして開放感はありますね。

もしかすると私にとっては唯一の心安らぐ場所だったりして。

猩猩袴が私を迎えてくれました。

待ちに待ってた春が足元のチラホラ。

パッと飛び散るような花びらが、なんだか花火のよう。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

注:左斜め下から自家製レフ板でちょっと光を集めている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人知れず咲く花の名は?

葉っぱだけならチンゲン菜

関連記事

  1. 悪い癖

     陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥が…

  2. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  3. 緑の血潮

    阿賀町・たきがしら湿原♬・・手のひらを太陽に すかしてみればまっかに流れ…

  4. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  5. 赤谷・連続洞門

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

  6. 落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

    チョロチョロ流れる水の量が増えた。冬の間何気に目にしていた小径沿いの暗い…

  7. チョウトンボ

    アヤメなんだか菖蒲なんだかよく分かりませんが、その葉っぱ、いや茎?の根元近く…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。