春花火

2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢
 民家が向かい合う狭い路地を進むとそこは林の中。
墓石が並ぶ駐車場がポッカリ空いて、そこから先は別世界。
山の香が漂ってきて、ついさっきまでいた場所と今自分がいる
空間とを完全に遮断してしまいます。
そう、ここに来ると、いつもそんな感覚になってしまう。
どうも、ここは独特の空気が漂っている。
小径を歩く道中もいにしえの人々の魂が降り注いでくるようで
右を見て左を見て、そして何度も空を仰いでしまいます。
でも何故か、いい意味での緊張感、そして開放感はありますね。
もしかすると私にとっては唯一の心安らぐ場所だったりして。
 ショウジョウバカマを半逆光で、それもアップで撮影してみた。
パッと飛び散るような花びらが、なんだか花火のよう。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5
注:左斜め下から自家製レフ板でちょっと光を集めている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人知れず咲く花の名は?

葉っぱだけならチンゲン菜

関連記事

  1. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  2. 桜にヒヨドリ

    春を迎えた瓢湖は桜、レンギョウの鮮やかな色彩に染まります。桜…

  3. バンの親子

    撮影地:新潟県 瓢湖/夏(過去写真) お気に入りなのか、しょっちゅうこのポイ…

  4. アケビの花

    昔懐かしい花に出会った(旧中条町、大輪寺の境内にもあった)。アケビだ。何…

  5. ネコヤナギにコガラ

     コガラです。3月上旬に”ネコヤナギにシジュウカラ”の写真を掲載したが同じ日…

  6. キイトトンボ

    この時期、よく目にするトンボ。草むらを進んでいくと湧き出るように舞い上がる。…

  7. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  8. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。