春花火

2016年4月3日撮影 新発田市・滝沢

民家が向かい合う狭い路地を進むとそこは林の中。

墓石が並ぶ駐車場がポッカリ空いて、そこから先は別世界。

山の香が漂ってきて、ついさっきまでいた場所と今自分がいる空間とを完全に遮断してしまいます。

そう、ここに来ると、いつもそんな感覚になってしまう。

どうも、ここは独特の空気が漂っている。

小径を歩く道中もいにしえの人々の魂が降り注いでくるようで右を見て左を見て、そして何度も空を仰いでしまいます。

でも何故か、いい意味での緊張感、そして開放感はありますね。

もしかすると私にとっては唯一の心安らぐ場所だったりして。

猩猩袴が私を迎えてくれました。

待ちに待ってた春が足元のチラホラ。

パッと飛び散るような花びらが、なんだか花火のよう。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

注:左斜め下から自家製レフ板でちょっと光を集めている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人知れず咲く花の名は?

葉っぱだけならチンゲン菜

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 縄文の里は 光のなか

    縄文人や弥生人がこうした光の中で狩猟や収穫に勤しんでいた時が遠い昔に間違…

  3. ひょうもんよもぎ

    阿賀町:たきがしら湿原以前掲載した『ひょうもんあざみ』と同じ固体のミドリヒ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。