葉っぱだけならチンゲン菜

2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて
 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出している。
水芭蕉が自生する湿地の半分はその堆積物がつもりに積もり
その上に昨年木々の枝から剥がれ落ちた葉が覆い被さっているから
見ようによっては湿地ではなく「地面から這い出た水芭蕉」になる。
 おまけにファインダーを通してじっくりと対峙していると、
水芭蕉が野菜の青梗菜に見えてきたではありませんか。
「油でサッと炒めて塩こしょう振れば、ビールのつまみにいいんじゃないの」
と、よからぬ妄想が頭をよぎり一人ニヤついてしまった。
「これではいかん!ダメだ!」と頭を横に振ってみるが、
一度、思い描いたイメージはもう拭うことはできません。残念ですが。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5
  注:来る度に、大きくなっている。これも富栄養化かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春花火

山なみ映す福島潟

関連記事

  1. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  2. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  3. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. 雪肌

    吹雪が少し弱まり雲間から陽が射した。それまで視界の効かなかった雪面が…

  6. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  7. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  8. 海老反り・白花カタクリ

    RDPⅢ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。