葉っぱだけならチンゲン菜

2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて
 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出している。
水芭蕉が自生する湿地の半分はその堆積物がつもりに積もり
その上に昨年木々の枝から剥がれ落ちた葉が覆い被さっているから
見ようによっては湿地ではなく「地面から這い出た水芭蕉」になる。
 おまけにファインダーを通してじっくりと対峙していると、
水芭蕉が野菜の青梗菜に見えてきたではありませんか。
「油でサッと炒めて塩こしょう振れば、ビールのつまみにいいんじゃないの」
と、よからぬ妄想が頭をよぎり一人ニヤついてしまった。
「これではいかん!ダメだ!」と頭を横に振ってみるが、
一度、思い描いたイメージはもう拭うことはできません。残念ですが。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5
  注:来る度に、大きくなっている。これも富栄養化かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春花火

山なみ映す福島潟

関連記事

  1. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  2. Rollei Retro 80S・侵食海岸

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  3. 新潟東港・雨上がりのコンテナヤード

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  4. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミです…

  5. ショウジョウ三姉妹

    撮影の実際新発田市・本田小学校近くにある「坊住池(ぼうじゅういけ)」…

  6. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  7. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  8. 風雪海岸

    Adox CHS100ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。