葉っぱだけならチンゲン菜


2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて

圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出している。

水芭蕉が自生する湿地の半分はその堆積物がつもりに積もりその上に昨年木々の枝から剥がれ落ちた葉が覆い被さっているから見ようによっては湿地ではなく「地面から這い出た水芭蕉」になる。

おまけにファインダーを通してじっくりと対峙していると、水芭蕉が野菜の青梗菜に見えてきたではありませんか。

「油でサッと炒めて塩こしょう振れば、ビールのつまみにいいんじゃないの」

と、よからぬ妄想が頭をよぎり一人ニヤついてしまった。

「これではいかん!ダメだ!」

と頭を横に振ってみるが、一度、思い描いたイメージはもう拭うことはできません。

残念ですが。

RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5

注:来る度に、大きくなっている。これも富栄養化かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春花火

山なみ映す福島潟

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 悪い癖

    陽が傾いても、一心不乱に落穂や二番穂をついばむ白鳥達。夕陽を向こうに白鳥…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。