葉っぱだけならチンゲン菜

2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて
 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出している。
水芭蕉が自生する湿地の半分はその堆積物がつもりに積もり
その上に昨年木々の枝から剥がれ落ちた葉が覆い被さっているから
見ようによっては湿地ではなく「地面から這い出た水芭蕉」になる。
 おまけにファインダーを通してじっくりと対峙していると、
水芭蕉が野菜の青梗菜に見えてきたではありませんか。
「油でサッと炒めて塩こしょう振れば、ビールのつまみにいいんじゃないの」
と、よからぬ妄想が頭をよぎり一人ニヤついてしまった。
「これではいかん!ダメだ!」と頭を横に振ってみるが、
一度、思い描いたイメージはもう拭うことはできません。残念ですが。
 RVP100  AI Micro-Nikkor105 f/4s  NikonF5
  注:来る度に、大きくなっている。これも富栄養化かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春花火

山なみ映す福島潟

関連記事

  1. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  2. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

  3. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

  4. raindrops

    オニユリ。ヤマユリの咲く時期はとっくに過ぎたが、替わって咲きだしたこ…

  5. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  6. 春の三姉妹

     春先は一面のカタクリで文字通り足の踏み場もありませんが小川沿いではフキノト…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。