チューリップ畑・胎内市チューリップフェスティバルでの一コマ


相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。

春の気配なんて風雪でかき消されるありさま。

頭上を冬の嵐が渦巻いていて、気分が萎えそうにもなる。

四季の移ろいを肉体と魂で感じる幸せを喜ぶべきなんだろうけど、この寒さはちょっとな。

でも、日一日と昼の時間が一分ずつ長くなっているもんね。

そのうち、明るい春がやってくる・・そう考えれば良いか。

掲載写真は13日投稿のかたわれ。「迫って見えるように」とレンズのF値を絞り込んで、圧縮効果を出してみた。

RVP100 AI Micro-Nikkor 100 f/4s NikonF5   胎内市

[ad#co-1]

 

  • follow us in feedly

大輪菊 厚もの・父が苗から一年がかりで育てたあげた菊・ポジRVP100

みんな帰っちゃったな・傷ついた白鳥は皆と一緒に帰れないんだよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む