朝陽差す

日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。

その湯気の向こうで太陽が顔を出してきた。

強烈な朝陽で目が眩んだが、立ち位置を微妙に変えたり、カメラのシャッタースピードやレンズの絞り値を繰り返しいじりながらの撮影で結構疲れた。

RVP100 105㍉ NikonF5   福島潟にて

5,6年前の過去写真 初掲載(気にしないでね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

静かな夜明け

凍える朝

関連記事

  1. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  2. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  3. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  4. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  8. 氷の侵食

    真夜中の星の輝きに期待し5時福島潟。まだ、星が見える。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。