寒雀

冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。

珍しく快晴の朝、とてつもなく冷え込んだ。

陽が射してきてもつららが溶けないくらいだ。

でも、何で、寒い中スズメが沢山集まっているの?

そうなんです。もうじき白鳥の餌付け時間なんですね。

おこぼれを頂戴するのはカモだけではありません。

たらふく食べないことには体力が持たないのかも。

過去写真 初掲載    新潟県旧水原町

屋根は当時のハクチョウ観察小屋兼ハクチョウ餌作り場。

全国から寄せられた餌となるモノ(学校給食のパン屑とかお茶殻とか)を保管し、それらを食べやすいように加工して元々用意してある餌に混ぜていたっけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブタ猫 チビタン

落ち葉とロングドレス

関連記事

  1. 冬想う 夏のヒマワリ

    夏の花「ヒマワリ」をアップした。3月に入ったものの寒さが一段…

  2. 雪舞う杉木立

    寺の境内に脚を踏み入れた途端、一陣の風が吹いて、枝葉にまとわりついた…

  3. 葉陰のヨシゴイ

     ”瓢湖”と言えば冬の使者”白鳥”をイメージしたくなるが夏鳥達の楽園でもあり…

  4. 大輪菊 厚もの

    「どうせなら綺麗に撮ってやれや~」親父を知る関係者が鉢物をすだれの前に持っ…

  5. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

  6. サンカヨウの花

     きれいなサンカヨウの花だった。清楚な姿にハッとなると同時にスーッと疲れが抜…

  7. 人知れず咲く花の名は?

    2016年4月上旬撮影 関川村鷹巣杉木立、朽ち枯れた枝が一面に敷き詰…

  8. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。