寒雀

冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。

珍しく快晴の朝、とてつもなく冷え込んだ。

陽が射してきてもつららが溶けないくらいだ。

でも、何で、寒い中スズメが沢山集まっているの?

そうなんです。もうじき白鳥の餌付け時間なんですね。

おこぼれを頂戴するのはカモだけではありません。

たらふく食べないことには体力が持たないのかも。

過去写真 初掲載    新潟県旧水原町

屋根は当時のハクチョウ観察小屋兼ハクチョウ餌作り場。

全国から寄せられた餌となるモノ(学校給食のパン屑とかお茶殻とか)を保管し、それらを食べやすいように加工して元々用意してある餌に混ぜていたっけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブタ猫 チビタン

落ち葉とロングドレス

関連記事

  1. ツルシギ冬羽

    野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような…

  2. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  3. 神社猫

    RICOH・GRⅡ品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございまし…

  4. 山影蒼く・ノビタキ

     大きな川を隔てて蒼く沈んだ山肌は新発田市米倉の山々。野焼きの煙がほどよく地…

  5. 清流のカワガラス

     清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない方で…

  6. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  7. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  8. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。