水鏡・風が全くない沈黙のひと時 水面に映る己の姿になに想う

時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない

1羽のカモが水を飲もうと水面に首を伸ばして・・・

映った自分の姿に何か感じるものがあるのだろうか

当時の水原町(今は阿賀野市)は瓢湖での撮影。

それがなにか?

誰も聞いてない?

あぁ~そうですか。

[ad#co-1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カマキリの卵・金玉袋でもあるそうな・ごもっともでございます

イナゴ・近づくと茎の反対側へ廻りこむ・危険回避行動だな

関連記事

  1. 瘤「こぶ」と読む 癌「がん」ではない・それがナニ…

    瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように…

  2. 手水舎の柄杓・この漢字を読める人は少ないかも・カ…

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  3. サンカヨウの花・花びらは雨に濡れるとスケスケ下着…

    今じゃないよ・花期は5月だからきれいなサンカヨウの花だった。清楚な…

  4. 清流のカワガラス・水の中に潜っても羽根が濡れない…

    清流の岩の上、水の中から現れた茶色い塊は何?カワガラスですね。興味ない…

  5. 今年も咲いてくれた羽黒の妖精・雪割草・胎内市でド…

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今年も…

  6. 桜にヒヨドリ・狙っていた構図に突然飛び込んで来た…

    春を迎えた瓢湖は桜、レンギョウの鮮やかな色彩に染まります。桜の下で酒盛…

  7. “隠れ帯”子供バージョン・何かが近づくとブルブル…

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  8. 真冬の 新潟東港コンテナヤード・Ricoh gr…

    RICOH・GRⅢ「寒い」と言うより「冷たい」と感じたのは露出した首筋に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。