凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Version

RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3

24㍉レンズをモノクロフィルムが入ってるF3に付け替えようとしましたが、陽の光が山肌をこぼれ落ちるように拡がっていく様子を眺めていたら、一先ずこれでっとなって雪面に腹這いとなった。

ただなかなかシャッターが押せない。

山の稜線と手前の雪面の傾き具合を見てたら水平がわからなくなった。

それで沸き上がっては漂う霜霧の上層部分を水平と見立てたら手前の木はなるほど垂直に立ったたし、実際にそのように見えたのでこれでやってみた。

(やっぱりダメだ、よくよく見ると傾いてる!)

(*そんなはずない・・もう一度スキャンし直した画像を貼り付けた)

久々のリバーサルフィルム。

モノクロフィルムの自家現像にどっぷりハマってますが、RVP100は昔から好き。リバーサルフィルムはラチチュードが狭く、それゆえ微妙な露出加減がそのまま表れる。

言い換えれば失敗しやすいし、成功すると驚くほどの発色をしてくれる。

だから緊張しました。

露出取りは全てマニュアルでやってます。

f5.6、1/500を基準に小刻みに枚数を重ねていく。

フィルムカメラは頭使いますね。

撮れるものが限られる分だけ頭使うと感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

埋もれまいとする影

霜の棘・simo no toge

関連記事

  1. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  2. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  3. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  4. 霧の竜巻ハウス

    2015年9月21日(祝日)撮影  土手沿いから夜明けの福島潟を撮影しようと…

  5. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  6. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  7. ハンノキ赤く染まれ~!

    2015年5月6日(水)撮影。4時福島潟着。日の出時…

  8. 福島潟の朝焼け

     4時、福島潟 蓮池側駐車場。いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。三…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。