腰を痛めた環水平アーク

この記事は1分で読めます

彩雲か、いや環水平アーク

この日は子供の運動会。小学校生活最後の行事で気合が入っていた。

気温が低いものの、青空が広がり絶好の運動会日和となる。

昼めし食べに自転車で自宅へ戻る途中、空を見上げてびっくり。

「彩雲が出てる!」。太陽の真下、横長く伸びている。

昼飯どころでなくなった。

はやる気持ちを抑えるのがやっと。

「消えないうちに。早くしないと!」

気が急いてばかりで脚がもつれる。まず、抑えにパシャ。

カメラの露出はオート。

ダイヤル回して、絞りリングを確認して・・なんてやってられない。

さて、構図。

35ミリで田んぼを画面入れると上部ぎりぎりにアーク。

ただし高校時代、部活での”しごき”、つまり中腰でのスタイルだ。この状態でしばらく踏ん張り、周りの環境を入れての撮影だ。

そのうち、脚がカクカク、腰はズキンズキンで構えていられなくなった。

「彩雲」はほぼ水平でかなり長い時間、見ることが出来たけど、夕方のニュースでそれが「環水平アーク」であることを知った。

太陽の高度が高い位置にあり、そちらの方向に見えるのだそうだ。

上空、氷の結晶が光の屈折と関係しているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  2. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。