ベニシジミのお宿はハルシオン

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(f4、1/60sec)

撮影したのは6日です。今日じゃありません。

今日23日、明日が出勤なんでその代休をとりまして、朝、この場所に行ってきました。

穏やかで無風で絶好の撮影日和でしたので。似たパターンでも良いから光に満ちた明るい場面でも・・と考えていたのですが、辺りは綺麗に雑草が刈り取られていました。

坊主頭、三分刈りでしょうか、“地膚”が見えました。

毎年そうですね。

水際とか子供の遊び場では危険箇所を目視しやすいように夏に移行していくこの時期、どこでもやってる作業です(衛生面も関係するかな)。

撮れなかったのはタイミングが合わなかったと思えば良いか。

撮影場所の近くにはブランコとシーソーがあって、先日までその部分だけ草が綺麗に刈られていたんですね。ただソコだけで周りは草ボウボウ。

「なんか変だなぁ~」と感じながら撮影してました。

杉林

ホ、ホホホ。連続音がしてきました。鳥ですけどなんという鳥かな。

ピッ、クイィ~・・これはサシバ。

🌛、🌞、☆彡(順序これでいいのかな)、ホイホイホイ・・サンコウチョウの声。

水辺では肴(魚です)がジャブジャブ。

(アヤメなんだかカキツバタなんだか菖蒲なんだかが左右に揺れる)。

牛ではないけどモ~モ~・・これはウシガエルですか。

目を向けるソコには生き物たちの音で溢れかえらんばかりです。

ここでは1枚も写真撮らなかったけど、体がスッキリ。気持ちよくなって、家に帰ったらビール飲む・・そのことだけが頭に浮かんできたのでした。

アベノマスク

来ませんねぇ~。

まさか途中で頓挫したわけじゃないよね。

マスコミもあんまり触れなくなったし(世間はマスコミの報道姿勢に左右される)。

配布が完了する前に店頭ではマスクが普通に並び始めた。

「大都市圏から順に・・」

新潟はいつなんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先生とお弟子さん

柳都大橋からの眺め

関連記事

  1. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最初に目…

  2. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  3. 羊歯とモノサシトンボ

    羊歯(しだ)の傾く姿に寄り添うように翅を休めるモノサシトンボの&#x…

  4. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  5. ぞうときりん

    ACROS 100Ⅱ COSINA Voigtlander ULTRON 4…

  6. 冬 ツグミ

     ナナカマドの実が赤いのは白く雪化粧した景色の中、野鳥に気づいてもらうためな…

  7. 春待つカタクリ

    2012年4月15日関川村、鷹巣キャンプ場。今年は積雪が異常…

  8. モノサシトンボ

    胴(?)部分に等間隔についた目印が定規の目盛りに見えるのだろう。それ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。