もののけ・モミジ様に誓った一言は

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3

森への出入りはいつもそう

衣服に付着した埃を払い 口中をすすぎ 手を洗い ちょっと前屈みで

姿勢をちょっと前屈みにして感謝の気持ちを伝えたくなりました。

撮影を終えて戻って来て、来た道を振り返ると小径脇のモミジがこんな感じで僕をみていた。

ゾクゾク~ときて、思わず「愚痴はこぼしません!」と。

咄嗟に出たんだね。

ホントは「頑張ります」と言いたかったけど、なぜか「愚痴をこぼしません」と口から出た。

こりゃ、本音だ。

グダグダ愚痴をこぼしている自分がいて、それをいとも簡単に見透かすモミジがそこにあって。

阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

萼裏白瓔珞(ガクウラジロヨウラク)

燃える帯雲・鳥屋野潟

関連記事

  1. いっぱい光を浴びなさい

    今のうちに沢山の光を浴びなさい。太陽が照っているうちに思いっきり葉を…

  2. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  3. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  4. 蓮 夏の朝

     夏の瓢湖は蓮のピンクが緑の葉に映えて美しい。遠く蒼い五頭(ごず)連峰の真上…

  5. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

  6. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  7. 階段を駈ける娘、地面を突き破る筍

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 命を紡ぐ大輪寺の菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。