萼裏白瓔珞(ガクウラジロヨウラク)

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(f4開放、1/60sec) 3/5/2020 阿賀野市

萼裏白瓔珞(ガクウラジロヨウラク)。

写真で言うと萼(ガク)は花の上部に付いているヒゲみたいな部分、裏白(ウラジロ)とは葉っぱの裏側が白く、瓔珞(ヨウラク)は仏様や仏壇の飾り物と言う意味だそうだ。

葉の裏が白く、瓔珞のような姿の花で、萼がある・・そんな感じ。

メインにしている撮影場所では、林の縁にこの植物を多く見かける(5月上旬)。もっとも花の咲いた時期に「この子だったのね」と気になる程度で、花が散ってしまえば、素通りしてしまう。

綺麗な可愛い花が咲いたから立ち止まった。

人間としての僕でさえ振り向くのだから、植物界では花色アイキャッチ効果は種の存続のためにはさぞや欠かせない戦術なのだと考える。

右目の視力は極端に悪く、眼鏡で矯正しても1.0いくかいかないか。遠近感が掴めない。ボ~としてて、左目に比べ全てが黄色味がかり暗い。

左目は矯正して1.5になる。

視界が明るく、スッキリ見える。カメラのファインダーは此方で覗いている。

けれど、最近、緑内障が進行しているのかな・・と感じる。ピントを合わせる際、ファインダー中央右下がどうも苦手になってきた。

視野測定で異常数値が出る部分と一致する。

両目で周りを見ていると症状が出ているとか、進行しているとか、気が付かない。カメラのファインダーのように片方の目だけで周りを見渡すと自分の目の癖なんだか特徴なんだか異常を掴みやすいですね。

阿賀野市 3日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小さなスターマイン

もののけ・モミジ様に誓った一言は

関連記事

  1. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  2. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  3. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  4. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

  5. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  6. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  7. コブ・瘤にしか見えない

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから…

  8. 日向で休むヤマキマダラヒカゲ

    キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。