花と影・エンレイソウ

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  関川村 4日撮影

エンレイソウ(延齢草)、漢字で書くと縁起良さそう。

この野花に出会った人は寿命が延びる・・と勝手に解釈していたが、改めて調べてみると、この植物は薬草でもあったり、有害草でもあったりする。

いずれにせよ使い方次第では薬としての効用があるのだろう。

4日に撮影した。だから今は盛りじゃないかも。

春は人が思った以上に駆け足で通り過ぎていく。

花冷えが続き、冷たい雨が降ったから「開花が伸びて、撮影、間に合うかも」と思って出掛けると、ほぼ大丈夫じゃない光景を目にするんだ。

この日は、可能ならばカタクリ探しと目論んでいたが、花の時期を終えていた。替わってこのエンレイソウが至る所に葉を広げていた。

1週間前にもこの場所へやって来ているがこの花なんか無かったもんね。

これには驚きましたねぇ~。

まぁ、いいや、エンレイソウを撮ってみよう。

それで、写真写りの良い花をつけたエンレイソウを探した。

落ち着いたのがコレ。

かなり立派なエンレイソウ。

花なんか一際デカい。

自らの葉にその影を落としている。

花とその影を撮影してみた。

でも三脚の固定位置に戸惑った。

脚を差し込む場所がモロに他のエンレイソウの根本付近に当たるんだ。

どうあがいてもダメ。

しゃがんで曲げた脚の膝頭にカメラを載っけて撮ったのでした。

余談だけど、こうした姿勢でファインダーを覗くと呼吸に合わせて体が動いているのを実感しますね。「落ち着け」と言っても、体勢が窮屈だから無理なんだ。

体が動けばピント位置も微妙に変わる。

ピント合わせに時間がかかるほど、姿勢の維持が苦しくなってくる。

一方で、エンレイソウの花影が次第に位置を変えていくんだ。

もたついているうちに陽の角度が変わって、花影が葉からこぼれ落ちてしまうんじゃないの・・焦れば焦るほどピント合わせがいよいよ難しくなっていった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

娘さんの首筋・猩猩袴

紋黄蝶になった紋白蝶

関連記事

  1. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  2. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  3. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  4. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  5. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  6. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。