ツイン蕗

よく出掛けるお気に入りの場所ではフキノトウは終わった。

「薹の立ったフキも料理の仕方によっては食べられるんだよ」と知り合いから教えてもらったが、そこまでしなくてもいい・・と脳が指示している。

そこまでしなくていい・・面倒そうだから。

ともあれ今春は蕗三昧だった。

数えられるけど、表現上は数えられないほど様々な姿を写真に撮った。

どれだけ食べたか分からなくなるほどでもあった。

「このフキ、あのフキ、どっちにしましょう」と口ずさんでしまうくらいたくさんあるんだもんね。

自然と顔がニヤついていくのが自分でもわかるんだ。

これはある意味、撮影に使えるツールでもあるのだ。“ソーシャル・ディスタンス”を意識しないでも済むから撮影に集中できる。

もっとも最初から周囲には誰もいなかったけど。

オイラの体が重くなった感じがする。

腹回りがデカくなった気がする。

ビールもガンガン体内に流し込んだし、油も体の中に沈殿してしまったのかな。

NikonF3 105㎜マイクロレンズ   関川村 3月撮影

コロナ禍

最近職場の近くの警察の敷地内で紺色の警備服を着込んだ方々が連日のように行動訓練をしている。隊列を組み、前進したり後退したり。

どうも考えてしまうんだね。

安倍首相が「状況分析中」と記者会見で述べた言葉の中には、非常事態宣言後の首都警備、治安維持のため派遣要請があった場合の為のこうした訓練も含まれているんじゃないのかって。

それと医療の最前線で戦っている人達いるんだよね。

あまり取り上げられないけど、想像すら出来ない現場なんだろう。

僕はまだ普通に暮らしているけどそうでない世界が確実にあるって事を今一度顧みる必要があるし、顧みて「じゃぁ、自分は何が出来るか」を考えてみるべきかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雲上のカタクリ

バカマの素顔

関連記事

  1. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

  2. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  3. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  4. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  5. 逆立ち

     浮かんだエサはあっという間に消えていく。だから水中に沈んだエサを首を伸ばし…

  6. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている…

  7. 雲上のカタクリ

    2日の日本経済新聞一面トップを眺めて「ははぁ~ん、やっぱりね」となっ…

  8. 墓守りの木

    この木の近くに墓地がある。畑もあるけど、お墓の存在は大きい。それで一人で勝…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。