ツバメシジミ

2015年7月18日(土)撮影

雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ月ぶりです。

夏の勢いが増していて、人の背丈近く伸びた蓮の花が満開でした。

当然ですが、綺麗で形の整った花の周りには大勢の写真屋が陣取っていました。

それを遠目に眺めながら撮影したのが掲載写真。

”ツバメシジミ”です。後翅にツバメのしっぽのような突起があるよ。

表翅が何色か確認出来なかったのでオス、メスの区別は判りません。

鋭角に切れ込んだ大きな葉っぱの上で吸水中のところをパシャリ。

このシジミ、よほど夢中なのか雨粒の中で微動だにしません。

三脚を目一杯下げて、真横、正面といろんなアングルで撮影を楽しむことができました。

RVP100 105㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みずひき

セミの羽化

関連記事

  1. W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

    縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカップ…

  2. 福島潟・夜明けの小舟

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  3. シンメトリーな福島潟

    「8時半までに帰って来て」と奥様にキツく言われたので、8時には自宅に着いた。…

  4. 花になれ

     花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!オイラの想いが伝わっ…

  5. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  6. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  7. トンボのメガネは水玉メガネ・gr3x

    Ricoh gr3xhard BW 1/60sec f5 ISO200 +…

  8. 舞い上がったキアゲハ

     かなり傷ついているが、生きている。思い出したように突然、翅を震わせ、逃れよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。