なんじゃこりゃ!?

白帯のビラビラ模様とその重なりが面白く、真上から狙ってみたキノコ。

この方はどちらさんでしょう?

カワラタケにしては大きいような。

サルノコシカケにしては・・う~ん・・どうなんだろう。

切り株の地膚が見えないくらいにゴワ~と生えている。

肉厚で弾力あるような、ないような。

コルク質みたいだし。

朝露に濡れて表面はヌルヌルなんだけど乾いたらカサカサになるんだろうな。

柄はない。

数カ月前に公園主催の『身近な生き物・・』とか言う講演会があって、それに参加したことを思い出した。

そこでは講師の1人がきのこについて話をされていた。「菌が集まって増えて目に見えるカタチになった状態を“きのこ”と呼んでいる」と。

じゃあ、このきのこを構成している菌はなんじゃろな?

調べて見たら『腐朽菌』という名前に辿り着いた。

さらにその先に分類上のゴチャゴチャがあって、もっともっと奥深いのを知って、好奇心が一気に萎えてしまって、ビールを飲むことにしたのだった。

『腐朽菌』なんて書いたけど、確証なんてないし。

レンズの絞りf8、1/15sec ミラーアップ撮影

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3  11月中旬撮影  鳥屋野潟公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤い実にトンボはとまってくれない

草紅葉

関連記事

  1. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

  2. 鳥屋野潟の目覚め

    今日の話晴れたり曇ったり、雨だと思っていたらいきなり雪嵐めい…

  3. もしかして、大スクープ!・・?

    何やら、見たこともない模様の蝶を見つけた。1円玉ほどの大きさ。シジミチョウ…

  4. 日の出直後の鳥屋野潟

    2015年6月7日(日)撮影 前回掲載写真の続きです。同じ構図でも日の出の前…

  5. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1本松…

  6. “出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

    本題に入る前にちょっとした話です。知り合いが韓国滞在中にスマ…

  7. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

  8. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。