なんじゃこりゃ!?

白帯のビラビラ模様とその重なりが面白く、真上から狙ってみたキノコ。

この方はどちらさんでしょう?

カワラタケにしては大きいような。

サルノコシカケにしては・・う~ん・・どうなんだろう。

切り株の地膚が見えないくらいにゴワ~と生えている。

肉厚で弾力あるような、ないような。

コルク質みたいだし。

朝露に濡れて表面はヌルヌルなんだけど乾いたらカサカサになるんだろうな。

柄はない。

数カ月前に公園主催の『身近な生き物・・』とか言う講演会があって、それに参加したことを思い出した。

そこでは講師の1人がきのこについて話をされていた。「菌が集まって増えて目に見えるカタチになった状態を“きのこ”と呼んでいる」と。

じゃあ、このきのこを構成している菌はなんじゃろな?

調べて見たら『腐朽菌』という名前に辿り着いた。

さらにその先に分類上のゴチャゴチャがあって、もっともっと奥深いのを知って、好奇心が一気に萎えてしまって、ビールを飲むことにしたのだった。

『腐朽菌』なんて書いたけど、確証なんてないし。

レンズの絞りf8、1/15sec ミラーアップ撮影

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4 NikonF3  11月中旬撮影  鳥屋野潟公園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

赤い実にトンボはとまってくれない

草紅葉

関連記事

  1. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  7. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。