サワギキョウ

この記事は1分で読めます

枯れ始めたし、付近はジメジメだし、小枝や葉っぱが交差してるし・・・時期や撮影条件の悪さから視界に捉えながらも見向きもしなかったサワギキョウ。

夏を思わせる陽射しに花弁の紫やあたりの緑が映えて美しく輝いた。小径脇、腹這いになり、身を乗り出してカメラを向けたら、僕の影が映り込む。

画面の四隅にサワギキョウの花が測ったように入り込むアングルが捨てがたく、影を嫌い、しばらく待ってから撮影した。

その間、花びらをよくよく観察していて気づきましたが、毛が出てるんですね。うぶ毛みたいな。思わず花びらの下の方から手を添えたんです。

そしたら、今度は、花びらの薄さにビックリしました。

丁寧に扱わないと花びらが割けてしまいそう。

肉厚に見えて柔らかいんですね。

全体の姿は丈夫そうに見えるのに、近づいてカラダを触ると柔らかくもろいんです。これには涙が出そうなくらいグッときてしまいました。

花の形が人間で言うなら両腕を広げでいるようにも見えるんです。相手を抱きしめようとしている風に・・オォ~と小さな声もだしたかな。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 10月初旬

ハプニング

不安定な三脚位置。カメラごと手で押さえ付けながら撮影してたのですが、何かの拍子で手を離してしまった。

三脚は倒れはしませんが、カメラを載せている台(カメラ用語で雲台)が前へカックンとお辞儀した。

やっちゃった~

レンズの鏡胴先端が三脚の脚やボルト部分に当たって、レンズ鏡胴先端が凹んだ。小さなヘコミなんだが、僕は大きくヘコんだのでした。

撮影に影響は感じませんが、これで3回目。

いつまでも学習しない自分なのでありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。