ゴマダラカミキリ

2015年7月4日(土)撮影
 コガネムシを撮影後、次に目にしたのがカミキリムシ。
個体名はゴマダラカミキリ。どこにでもいるヤツだ。
ヤブガラシの花芽に上りつこうとしていて、今にも飛び立ちそう。
脚の踏ん張り場所を確かめては背中の“羽根格納庫”を開く準備。
 三脚の雲台をフリーにして両手でカメラを抱えて動きを追います。
動き回る被写体で、ピントを合わせようと神経が集中します。
左手でレンズのピントリングを回し焦点を探し、合わせていきますが、
動きについていけません。(約30年前のマニュアルレンズだし)
タイミング良いところで最初にパシャリ。
花芽に登り、飛び立つ瞬間もパシャリ、パシャリ。
 さて現像はどうなっているのでしょうか?
結果、1枚目・・なんとか。2,3枚目・・羽根の開き中途半端。
4,5枚目・・カミキリムシの姿さえ無し。
掲載写真は1枚目の「なんとか」。
 RVP100 105㍉ NikonF5兄   鳥屋野潟公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コガネムシ

円盤形ギザギザマーク

関連記事

  1. 露の蝶

     セイタカアワダチソウの花序にとまったモンシロチョウ。晴れて、気温が下がった…

  2. 貝じゃないヤマトシジミ

    2015年8月30日(日)撮影 ”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジ…

  3. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが、終…

  4. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  5. 紫雲

    長らく朝焼けの写真を撮ってますが、これは不思議な雲でございました。…

  6. 逆さカマキリ

    家に居るときは大概は床面に対して体が水平になっている。ゴロン…

  7. under construction

    写真は建設中の バベルの塔・・ではなく、食育・花育センター。おそらく当時は…

  8. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。