ゴマダラカミキリ

2015年7月4日(土)撮影
 コガネムシを撮影後、次に目にしたのがカミキリムシ。
個体名はゴマダラカミキリ。どこにでもいるヤツだ。
ヤブガラシの花芽に上りつこうとしていて、今にも飛び立ちそう。
脚の踏ん張り場所を確かめては背中の“羽根格納庫”を開く準備。
 三脚の雲台をフリーにして両手でカメラを抱えて動きを追います。
動き回る被写体で、ピントを合わせようと神経が集中します。
左手でレンズのピントリングを回し焦点を探し、合わせていきますが、
動きについていけません。(約30年前のマニュアルレンズだし)
タイミング良いところで最初にパシャリ。
花芽に登り、飛び立つ瞬間もパシャリ、パシャリ。
 さて現像はどうなっているのでしょうか?
結果、1枚目・・なんとか。2,3枚目・・羽根の開き中途半端。
4,5枚目・・カミキリムシの姿さえ無し。
掲載写真は1枚目の「なんとか」。
 RVP100 105㍉ NikonF5兄   鳥屋野潟公園にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コガネムシ

円盤形ギザギザマーク

関連記事

  1. 鳥屋野潟の日の出

    RICOH・GRⅡこの写真は今朝なんです。日の出前はそれなりに赤…

  2. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  3. 貝じゃないヤマトシジミ

    2015年8月30日(日)撮影 ”時候雑記”を挟んだがコレも前述のヤマトシジ…

  4. ネコの “爪”

    ネコヤナギの花芽が堅い殻を脱いで、膨らみ始めていました。なんだかんだで一週…

  5. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  6. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  7. ヒメアカタテハの日光浴

    2015年11月22日(日)撮影 小春日和である。風も無く、陽射しは暖か。…

  8. オニグルミの雌花

    2015年5月6日(水) 正午頃撮影雌雄同一株で、雄花は10…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。