ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

クソ暑い日が続き、些細なことにまでイライラしていたが、こうも続くとそんなの通り越して、何をしてもどう失敗しても「そう~(^_^)」と覚醒した。

こういう時は下手に興奮したり動いたりすると、バッタンキュ~になりがちだ。

「後で冷たいビールが待っている」とか

「枝豆を食うぞ~」(最近のは同じように茹でていながら食感が硬く感じる・・これって、旬を過ぎたせい?)とか、

「ナス漬けで茶碗三杯はいけるな!」とニヤニヤ考えているのが一番いい。

写真はムラサキツユクサの花弁でひと休み中のヤマトシジミ。

野草にしろ蝶にしろその辺でごく普通に見られるのだが、僕はこのカットがそれなりに好きで、掲載前のことであるが、ビュアーで照らし出された色彩の妙に、ついついウットリして涎を垂らしてしまったのだった。

涎がべちゃ~と付いたポジはもうどうしょうもない。

ウリャ~と指でグチャグチャに潰したのだった。

似たようなカットを数枚撮っていたので、目の前からこの場面のポジが未来永劫消失することは避けられた・・(脳梗塞ではないよな?)。

ムラサキツユクサ・・30年前の野草図鑑に記載なし(と言うことは、その後に日本に渡ってきて帰化したのだと考えるのが妥当であろう)。

写真の個体は野生種だろうか、その辺にゴロゴロしていたんだが、盆を迎える準備なのか草むらはあらかた綺麗に刈り取られたり掃き清められたり。

だから、残ったムラサキツユクサを画面に取り入れると背景が綺麗にボケた。

ヤマトシジミは朝露を数滴翅に残すのみ。

杉木立から漏れた陽が翅に当たってしばらくすれば、蝶は眠りから覚め、いつものように辺りをちらつき回るのだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

雨雲がすだれて朱に染まる

関連記事

  1. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  2. 朝の空気

     写真教室で「題名も作品のひとつ」と著名な写真家が言っていた。意味は分かる。…

  3. 野菜屑とホオズキ

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  4. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  5. カマキリのポートレート

    身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺…

  6. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  7. 埠頭・新潟東港

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3…

  8. 命尽きる トンボ

    オオヤマトンボでしょうか。どうなんでしょう?ハッチョウトンボ&#x2…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。