八丁目のトンボ

一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッチョウトンボ”と呼ぶようになったらしい。

世界最小で大きさは10円玉にも満たない。

なんで八丁目なんだろう?・・生息域が極限られた範囲だからか。

実際に僕が出掛ける場所でも出会うポイントは決まって一緒。だから、八丁目で観られても一丁目、二丁目・・ではまったく痕跡なし・・大いにあり得ることだ。

写真の個体は未成熟個体。

オスは真っ赤になるし、メスなら縞々模様のアブみたいになっていく。これはどうなんだろうな。体に縞々があるような?

初めて等倍に撮せる接写リングを使用した。

かなり近寄っている。

静かに指を伸ばせば彼に触れそうなくらい。

あまりにも近すぎてピントのヤマが掴めない。

しかも相手はジッとしているように見えても、ファインダーで覗くと頭をクリクリしたり翅をカッと前に寄せたり、尻をチョイッと持ち上げたり忙しない。

「外れた!」わかるんだ。

シャッターを切った瞬間にそう感じて、何度も何度も繰り返しファインダーを覗いていると目がおかしくなってくる。

視線

白い捕虫網を持ったお父さん、虫かごを抱えたお母さんを遠く背後に小さな男の子が撮影のためしゃがんでいる僕に近づいて来た。

「◯◯~、邪魔するんじゃないよ~」お母さんの声が静かな湖畔に響いてくる(お父さんは既に自分の世界にドップリ浸って網を振り回している)。

子どもだからこちらは撮影の手を休めてニッコリ。

すると、その子ども僕の隣にちょこんと座った。

いきなり「トンボみたい」と。

「わかるの?」俺。

レンズの先がその方を向いているせいかもしれないが、子どもの視線がいきなり小さなトンボを捉えたのでこちらはビックリだ。

そのうち親が近づいて僕の背後からレンズの指す方を覗きこむ。

「どこ~?◯◯は見えるの?」母さん。

「あっ!あれだよ」父さんがようやく見つけた。

「◯◯、よく見つけたなぁ!」父さん。

子どもはニッコリ顔。

何気にお母さんを横目で見たら、必死の形相。かなり集中して探している。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s+PK-11 NikonF3  阿賀野市  13日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雨雲の下層面ってこんな凸凹?

着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

関連記事

  1. 藍色・ヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原湿原の遊歩道脇、何やら小さな蝶が舞っています。草む…

  2. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  3. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  4. オシドリ夫婦

     掲載済みの『伊達男オシドリ』と同じ個体。撮影場所もピンポイントでほぼ一緒…

  5. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  6. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  7. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。