変なのは映っていない/キイトトンボ

「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリするだろう」・・・撮影時にそう感じていたが、木の幹が邪魔だ。

一度、幹を避けて三脚位置を手前に出した。その状態でファインダーを覗いたら、近づきすぎてトンボと野草がフレームから外れてしまっていた。

静か~にポジションを引いていく。

カメラのファインダーを覗く。

まだまだ。

更に、ゆっくり静かにトンボから遠ざかる。

そうやって全体像が入る構図を優先して撮ったのがご覧の写真。

都合2枚撮影できた(掲載写真は2枚目)。

1枚目は明らかに露出アンダー。2枚目は目一杯プラス側に露出値を傾けた。

しかしである。

この半ば儀式的な撮影手順もデジカメの世界ではものの数秒で終了する。墓の掃除にやって来た同い年風の男性が苦笑しながら私を見つめていた。

そう、ここは墓場なのでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 7月上旬撮影

格言/金言

フィルム、しかもマニュアルレンズ沼にどっぷりと浸かってしまうと判っちゃいるけど止められない世界にハマるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

雨雲の下層面ってこんな凸凹?

関連記事

  1. 陽を浴びるカタクリ

     今季5回目。鷹巣キャンプ場。辺りを散策。陽の光が林一面に降り注ぐ。待ちわび…

  2. 寄り添う春

    2016年3月下旬撮影陽気に誘われて関川村鷹巣キャンプ場にや…

  3. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  4. 黄昏カエル

    こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。…

  5. トラップ

    トラップに捕まったチョウトンボ。岸辺脇の藪道、僕の進む足元か…

  6. 蓮畑のサギ

     GW真っ只中。昨年は鳥屋野公園で”春三色”を撮影した。本日、同じ場所で八重…

  7. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  8. 日向で休むヤマキマダラヒカゲ

    キマダラヒカゲでも「ヤマ」と「サト」がある。「ウミ」、「カワ」は無い。「ヤ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。