変なのは映っていない/キイトトンボ

「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリするだろう」・・・撮影時にそう感じていたが、木の幹が邪魔だ。

一度、幹を避けて三脚位置を手前に出した。その状態でファインダーを覗いたら、近づきすぎてトンボと野草がフレームから外れてしまっていた。

静か~にポジションを引いていく。

カメラのファインダーを覗く。

まだまだ。

更に、ゆっくり静かにトンボから遠ざかる。

そうやって全体像が入る構図を優先して撮ったのがご覧の写真。

都合2枚撮影できた(掲載写真は2枚目)。

1枚目は明らかに露出アンダー。2枚目は目一杯プラス側に露出値を傾けた。

しかしである。

この半ば儀式的な撮影手順もデジカメの世界ではものの数秒で終了する。墓の掃除にやって来た同い年風の男性が苦笑しながら私を見つめていた。

そう、ここは墓場なのでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 7月上旬撮影

格言/金言

フィルム、しかもマニュアルレンズ沼にどっぷりと浸かってしまうと判っちゃいるけど止められない世界にハマるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たかが鳥屋野潟 されど鳥屋野潟

雨雲の下層面ってこんな凸凹?

関連記事

  1. この蕾は一体どこに

    写真は7日、記事は今日14日この桜の蕾がどうなったか・・・1…

  2. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  3. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  4. バカマ の うなじ

    RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikon…

  5. 健気に咲く小花にホロリとなる

    切ないほどパッと花開いてくれていた。寒さのあまり頭を垂れてい…

  6. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  7. 干し鮭

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF3ク…

  8. かたくりの花

    今年初めてのカタクリ。ほぼ順光での撮影です。背景は小川の落ち込み口でカ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。