緑に紅一点・ベニシジミ

何処にでもいるベニシジミです。良い色合いをしていました。

蝶の中には発生時期によって翅の模様が濃くなったり、全く違う模様になったりする種類があって、それで「春型」「夏型」と呼んでいるのもあるんだそうだ。

これはどうなんだろう?

ベニシジミには濃い色と薄い色があるけど単に雌雄の違いだけでもなさそうだ。

この個体は綺麗でした。

最近、ベニシジミをファインダーでのぞいてみると、翅が擦れた傷ついた個体が多いと思いませんか。それだけ長く生きているんだろうなと思います。

一方、色の濃い個体を多く見かける気もします。

コレが、発生時期によって区別する「春型」「夏型」の違いなんでしょうか。

写真は夕方の斜光線の中で撮っています。

とまった草木はなんでしょうかね、

判りませんが、何処にでも見かける雑草のようです。

その部分だけポワッと浮かび上がるアングルから狙いました。

僕の場合、露出値の決定に悩みすぎる傾向にありますが、これはカメラの出した数値を出来るだけ信じて撮ってみました。

出来るだけ・・

そうなんですね、頭の中では「ちょっと、アンダーなんじゃ」と。

ただ、そう思ってオーバー目にすると極端に明るくなってしまうケースが多い。

半信半疑、不安を抱えたままシャッターを押しています。

フィルムの値段が上がってしまったし、ちょくちょくパシャパシャ撮れなくなった。

大切に大切にシャッターを押す。ただし、それが逆にシャッターチャンスを逃してしまう一因にならなければいいのだが。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 6月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

チョウトンボ

トラップ

関連記事

  1. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  2. 枯れ野に深山茜

    先ほどまでの新潟マラソンが、選手達のうねるような波が、脳裏に焼き付い…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  7. かたつむり・・久しぶり

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5…

  8. 脇役になったヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら「それなんですか?」独り男「ヒメシジミですよ」私「も…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。