ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情なんだけど。太陽の斜光線が上空の雲を次々に浮かび上がらせていくんだ(写真)。

それは様々な雲が集まって、その場の雰囲気を表すなら混声合唱団みたい。

鳥屋野潟を一望出来る橋の街路灯にとまったカラスを指揮者に喩えるなら、葦原から湧き出るオオヨシキリの声や飛び去る際の足蹴りを食らわすようなアオサギのダミ声は何にあたるのかな、なんて、ぼ~と考える。

そんな僕の視線のずっと奥に横たわる雲達。頭の中の空想と目にする光景が重なり合ってそんな風に思えるのでした。

写真の真ん中は薄く細い絹糸がス~と流れている。じっと魅入っているとヤワヤワと揺れ動いている感じ。しばらくすると頭上高く手荒な雲がゴロゴロ転がってきた。

じつに個性豊かな雲が集まったなぁ~。

RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3  鳥屋野潟 5月31日撮影

*撮影当日のFacebookに掲載した写真はGRⅡで撮ったものです。

白黒フィルム再販

昨年秋に製造販売を中止した白黒フィルムがファンの根強い要望に応え復活する。

入手困難になった原材料の一部に新材料を使い、装いも新たに今秋登場する。

これまで白黒フィルムなんて使ったことがなかった。それでいながら販売中止のニュースを聞いて寂しくなった。

ちょっとこの世界も覗いてみたいと思っています。

販売価格、まだ知らないけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

太陽のような“ホニャララ”

アヤメに重ねる笑顔

関連記事

  1. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  2. 秋色の風・鳥屋野潟

    仕事が忙しい。そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも楽しん…

  3. これは? わからんなぁ・・

     殻が割れて中の実が覗いている・・それとも花が萎れて枯れ果てて、萼に抱かれて…

  4. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  5. 燃える鳥屋野潟

    写真は5月21日、上沼橋の歩道上からの撮影。この週はもう1回、ドヒャ~とな…

  6. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  7. トワイライト ゾーン

    「春はあけぼの」と言われるこの時期、日の出時刻が近づいてくると地上付近が真っ…

  8. 泥と大地の調和

    2015年9月13日(日)撮影水と土の芸術祭2015 大矢り…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。