健気に咲く小花にホロリとなる

切ないほどパッと花開いてくれていた。

寒さのあまり頭を垂れているかのように見えた雪割草が、小雨が上がり陽が照ってしばらくして見に行くと、ご覧のような姿で私を出迎えてくれた。

花の勢いからこの日がこの花の“初咲き”でないことはわかったが、それにしても肌寒さを感じる中にあって、すこしでも陽の光を享受し自然受粉の時を待つ小花の健気さにホロリとなった。

この日16日はN氏に胎内市・石切山を案内していただいた。

藪道を踏み進むその靴音が幼い頃に見聞きした当時の記憶の扉をノックする。

「サワガニをごっそり捕まえたのはあの沢だったかな」

「確かに石切山のテッペンで叫んだような」

錆び付いた記憶の歯車が少しずつ動いていくのでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春先の気候の変化は心の変調?

オーレンはオウレンで黄連だった

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. ムカシヤンマとウメノキゴケ

    桜の幹にとまったムカシヤンマ。樹皮に付いた緑色した海藻みたいなものは地衣類…

  4. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。