健気に咲く小花にホロリとなる

切ないほどパッと花開いてくれていた。

寒さのあまり頭を垂れているかのように見えた雪割草が、小雨が上がり陽が照ってしばらくして見に行くと、ご覧のような姿で私を出迎えてくれた。

花の勢いからこの日がこの花の“初咲き”でないことはわかったが、それにしても肌寒さを感じる中にあって、すこしでも陽の光を享受し自然受粉の時を待つ小花の健気さにホロリとなった。

この日16日はN氏に胎内市・石切山を案内していただいた。

藪道を踏み進むその靴音が幼い頃に見聞きした当時の記憶の扉をノックする。

「サワガニをごっそり捕まえたのはあの沢だったかな」

「確かに石切山のテッペンで叫んだような」

錆び付いた記憶の歯車が少しずつ動いていくのでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春先の気候の変化は心の変調?

オーレンはオウレンで黄連だった

関連記事

  1. 釣れたのは鯛ではなく亀だった・・

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

  2. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  3. 朝露トンボ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 花園ヨシゴイ

     藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでしょうか。ちょう…

  7. 松前丸・左側面の青

    RVP100 cosina voigtlander ultron40f2sl…

  8. RICOH GRⅢx 接写モードで虫・むしを撮る…

    RICOH・GRⅢxお気に入りの撮影ポイントでポチった図。オラが虫を撮る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。