健気に咲く小花にホロリとなる

切ないほどパッと花開いてくれていた。

寒さのあまり頭を垂れているかのように見えた雪割草が、小雨が上がり陽が照ってしばらくして見に行くと、ご覧のような姿で私を出迎えてくれた。

花の勢いからこの日がこの花の“初咲き”でないことはわかったが、それにしても肌寒さを感じる中にあって、すこしでも陽の光を享受し自然受粉の時を待つ小花の健気さにホロリとなった。

この日16日はN氏に胎内市・石切山を案内していただいた。

藪道を踏み進むその靴音が幼い頃に見聞きした当時の記憶の扉をノックする。

「サワガニをごっそり捕まえたのはあの沢だったかな」

「確かに石切山のテッペンで叫んだような」

錆び付いた記憶の歯車が少しずつ動いていくのでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春先の気候の変化は心の変調?

オーレンはオウレンで黄連だった

関連記事

  1. 落ち葉とフキノトウ

    2014年4月(昨年です) 関川村鷹巣キャンプ場にて撮影 今年のフキノトウの…

  2. 立浪草かも・いまだ半信半疑

    花の形が泡立って寄せる波に似ているそうで、それで「立浪草」(タツナミソウ)と…

  3. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  4. 不動という事

    私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろ…

  5. 白花かたくり

     今年も昨年と同じ場所で白花カタクリが咲いてくれた。いともあっけなく見つけた…

  6. めおと蕗

    本日25日、子どもの拳大のふきのとうが気になって、撮影場所の新発田市…

  7. 朝露

    スギナ全体が朝露に包まれていた。ここは三川村 たきがしら湿原。かつて限界集落…

  8. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。