健気に咲く小花にホロリとなる

切ないほどパッと花開いてくれていた。

寒さのあまり頭を垂れているかのように見えた雪割草が、小雨が上がり陽が照ってしばらくして見に行くと、ご覧のような姿で私を出迎えてくれた。

花の勢いからこの日がこの花の“初咲き”でないことはわかったが、それにしても肌寒さを感じる中にあって、すこしでも陽の光を享受し自然受粉の時を待つ小花の健気さにホロリとなった。

この日16日はN氏に胎内市・石切山を案内していただいた。

藪道を踏み進むその靴音が幼い頃に見聞きした当時の記憶の扉をノックする。

「サワガニをごっそり捕まえたのはあの沢だったかな」

「確かに石切山のテッペンで叫んだような」

錆び付いた記憶の歯車が少しずつ動いていくのでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春先の気候の変化は心の変調?

オーレンはオウレンで黄連だった

関連記事

  1. 秋溜まり

    葉っぱの主はウルシの仲間? 緑の虫はツユムシ?よく分からない…

  2. 大輪寺・“路傍すみれ”

    いつ見ても不思議と思うのです。人や自転車が行き来する砂利道を寝床にしなくて…

  3. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  4. 岸辺のキクザキイチゲ

     春先、里山でよく見かけるキクザキイチゲ。背景のキラキラは小川。もう数十年も…

  5. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  6. 白鳥

     五頭山系の山並みを背景に飛翔する白鳥。朝焼の名残だろうか山肌全体がまだ蒼く…

  7. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  8. 紋のある白い蝶

    前回『身近な虫たちの華麗な生きかた』(ちくま文庫)をFacebook上で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。