神社猫

品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございました。

日常を平々凡々と過ごしたが故に汚れてしまった体や心身で近づくのは気が引ける・・そんな気分になったのは神域を包み込む大気のせいだけではあるまい。

猫様から放たれたオーラを確かに認めたせいでもある。

この猫、僕より遙かにオトナだな・・そう感じましたね。

「近づくな」・・そう呟いた猫声をやっぱり聞いたんだ。

だから「はい、わかりました」と、わたくし。

母の毛染めを買いに行く途中、寄り道した若宮神社の境内で偶然出くわした。

お休みのところ予期せぬ私の登場で、イラついているようだ。

その証拠に彼からは寄ってこない。

こちらがゆっくりと間を詰める。

しばらくはジッとしてくれるがそのうち離れた場所に座り直す。

RICOH・GRⅡ  胎内市 14日撮影

朝焼け

福島潟で久々の朝焼けを観た。

焼けそうでそうならないパターンかと一旦その場を離れたが、日の出が近づくにつれフワフワ雲がほんのりと染まってくれた。

今回は全てフィルムでの撮影。

現像仕上がりが楽しみーと言いたいところだが肝心な時間帯はトイレの中!

我慢ならなかったのでした。

憂鬱なのは神社猫、アンタだけじゃないんだな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

野良

夜の萬代橋

関連記事

  1. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  2. 山陰は冷たいまま・霜葉

    コナラの幼木でしょうか。陽はとうに昇っているのに山陰は冷たい…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. ぞうときりん

    ACROS 100Ⅱ COSINA Voigtlander ULTRON 4…

  5. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  8. ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

    クソ暑い日が続き、些細なことにまでイライラしていたが、こうも続くとそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。