神社猫

品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございました。

日常を平々凡々と過ごしたが故に汚れてしまった体や心身で近づくのは気が引ける・・そんな気分になったのは神域を包み込む大気のせいだけではあるまい。

猫様から放たれたオーラを確かに認めたせいでもある。

この猫、僕より遙かにオトナだな・・そう感じましたね。

「近づくな」・・そう呟いた猫声をやっぱり聞いたんだ。

だから「はい、わかりました」と、わたくし。

母の毛染めを買いに行く途中、寄り道した若宮神社の境内で偶然出くわした。

お休みのところ予期せぬ私の登場で、イラついているようだ。

その証拠に彼からは寄ってこない。

こちらがゆっくりと間を詰める。

しばらくはジッとしてくれるがそのうち離れた場所に座り直す。

RICOH・GRⅡ  胎内市 14日撮影

朝焼け

福島潟で久々の朝焼けを観た。

焼けそうでそうならないパターンかと一旦その場を離れたが、日の出が近づくにつれフワフワ雲がほんのりと染まってくれた。

今回は全てフィルムでの撮影。

現像仕上がりが楽しみーと言いたいところだが肝心な時間帯はトイレの中!

我慢ならなかったのでした。

憂鬱なのは神社猫、アンタだけじゃないんだな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

野良

夜の萬代橋

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. すぐそこにある春

    写真は3月25日午前10時頃、関川村・鷹巣で撮影したもの。こ…

  3. 春の色/一番

    昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つけて…

  4. 青い背中

     スズメやムクドリには申し訳ないがカワセミはやはりキレイ。初めてこいつを覧た…

  5. 清楚な佇まい・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  7. ドクダミへの想い

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  8. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。