神社猫

品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございました。

日常を平々凡々と過ごしたが故に汚れてしまった体や心身で近づくのは気が引ける・・そんな気分になったのは神域を包み込む大気のせいだけではあるまい。

猫様から放たれたオーラを確かに認めたせいでもある。

この猫、僕より遙かにオトナだな・・そう感じましたね。

「近づくな」・・そう呟いた猫声をやっぱり聞いたんだ。

だから「はい、わかりました」と、わたくし。

母の毛染めを買いに行く途中、寄り道した若宮神社の境内で偶然出くわした。

お休みのところ予期せぬ私の登場で、イラついているようだ。

その証拠に彼からは寄ってこない。

こちらがゆっくりと間を詰める。

しばらくはジッとしてくれるがそのうち離れた場所に座り直す。

RICOH・GRⅡ  胎内市 14日撮影

朝焼け

福島潟で久々の朝焼けを観た。

焼けそうでそうならないパターンかと一旦その場を離れたが、日の出が近づくにつれフワフワ雲がほんのりと染まってくれた。

今回は全てフィルムでの撮影。

現像仕上がりが楽しみーと言いたいところだが肝心な時間帯はトイレの中!

我慢ならなかったのでした。

憂鬱なのは神社猫、アンタだけじゃないんだな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

野良

夜の萬代橋

関連記事

  1. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. 春待つシジュウカラ

    迎春 本年も宜しくお願いいたします。「酉年」ということで、昔…

  4. 野菊の露

    秋の小径を彩る花は野菊。朝の光がやんわりと満ちて、夜露に濡れたその姿…

  5. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  6. 王者の品格・オニヤンマ

    背筋ピ~ン。早くも王者たる品格が見え隠れしています。伸ばした躰は端正で美し…

  7. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれた。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。