日の出直前の鳥屋野潟

2015年6月7日(日)撮影
 午前4時前、上沼橋。
上空、目立つ雲もなくスコ~ンと抜けています。
風が東から北に向けて微かに吹いてきて気温も下がりはじめました。
温度計は持参していませんが誰でも肌で感じる変化です。
「靄でも出てくれないかな」と葦原や岸辺に目を向けていると現れました。
ただし、風が沸き立ったばかりの靄を運び去っていくのです。
溜まっては消え、消えては溜まる。その繰り返しです。
 ひとまず朝焼けは諦め、その様子を橋の欄干から撮影することにしました。
レンズは105㍉。スタジアム周辺部は光がまわり明るくなりましたが、
手前の葦原は暗いまま。露出値の決定に悩みました。
なんせ画面のままの構図で露出を計ると、空は2段以上も露出オーバー。
デジカメのようにその場で露出を確認できません。
どれが一番の適正な露出になるのだろうと考えに考えてしまいます。
レンズの絞り値は8に固定してシャッタースピードをこまめに変えての
撮影になりました。
 葦原からは相変わらずオオヨシキリのがなり立てる声が聞こえてきますが,
5月上旬の頃に比べると幾分、音色が変化している気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たそがれどき

日の出直後の鳥屋野潟

関連記事

  1. 不安な夜明け・鳥屋野潟

    4日、5時6分の鳥屋野潟。台風が接近している時の夜明けは、時…

  2. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  3. かわいらしい すももの花

    女房の入院準備前でドタバタ。気分転換に公園へ散歩に行く。…

  4. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  5. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  6. 朝日と波紋

    6日、日曜日、早朝の鳥屋野潟。ちょうど5時頃でしょうか。思えば日の出の時刻が…

  7. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  8. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。