眠れたかい?

エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。

夜明けは冷え込んだから、この光はさぞや待ち遠しかっただろう。

僕の背中もほんのりと温まってくるのが心地よい。

コイツは人が感じるその温もりをもっと前から感じとっていたんだろうな。

朝露をビッシリまとった姿はほぼ仮死状態に見えたのに、陽が昇ってしばらくすると頭をクリクリ。

オォ~生きてんだな!

今度は前脚でメンタマをスリスリ。

そしてブルブルブルと体を震わせて水玉を落とし始めたんだな。

お目覚めの時間というところだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  4日撮影  福島潟

睡眠負債

某テレビの番組で以前取り上げられていた『睡眠負債』。

若い頃は寝不足もへっちゃら・・なんて思いきや、年を経るに従って知らずに体に溜まった負債が暴走し出す。

寝不足は重大な病気を引き起こすのだそうだ。

なんとなく判っているのだが、もう、かれこれぐっすり眠った感覚がないのです。

寝た気がしない。

絶えずボ~となっている。

睡眠障害かなと思って医者へ通っているんだけど、そう簡単には改善しない。

「環境が変わるとね、良いんだけどね」

そんなこと百も承知。

眠れない原因が判っていながら、熟睡までには至らない。

ちょこっと、ややっこしいぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉っぱのピアノ

翅を一杯に広げるベニシジミ

関連記事

  1. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  2. ハンノキ いけ〜っ!

    日本列島に台風18号接近。関東では警報が発令されているのに、こちらは…

  3. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

  4. W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

    縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカップ…

  5. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋…

  6. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

  7. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

  8. 足跡

     手足、耳もピリピリ。早く撮影を切り上げたいほどの寒さになった。シャッターを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。