眠れたかい?

エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。

夜明けは冷え込んだから、この光はさぞや待ち遠しかっただろう。

僕の背中もほんのりと温まってくるのが心地よい。

コイツは人が感じるその温もりをもっと前から感じとっていたんだろうな。

朝露をビッシリまとった姿はほぼ仮死状態に見えたのに、陽が昇ってしばらくすると頭をクリクリ。

オォ~生きてんだな!

今度は前脚でメンタマをスリスリ。

そしてブルブルブルと体を震わせて水玉を落とし始めたんだな。

お目覚めの時間というところだろう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  4日撮影  福島潟

睡眠負債

某テレビの番組で以前取り上げられていた『睡眠負債』。

若い頃は寝不足もへっちゃら・・なんて思いきや、年を経るに従って知らずに体に溜まった負債が暴走し出す。

寝不足は重大な病気を引き起こすのだそうだ。

なんとなく判っているのだが、もう、かれこれぐっすり眠った感覚がないのです。

寝た気がしない。

絶えずボ~となっている。

睡眠障害かなと思って医者へ通っているんだけど、そう簡単には改善しない。

「環境が変わるとね、良いんだけどね」

そんなこと百も承知。

眠れない原因が判っていながら、熟睡までには至らない。

ちょこっと、ややっこしいぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉っぱのピアノ

翅を一杯に広げるベニシジミ

関連記事

  1. シオカラトンボ

     福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休…

  2. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  3. キチョウ

     先程からオイラの周りをふわふわ、行ったり来たり。その辺の草木に舞い降りて、…

  4. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  5. 笑顔の ぼっくい君

    2013年10月27日、4時前に福島潟到着。夜空に冬の大三角がクッキ…

  6. 霧の福島潟

    2012年4月28日 福島潟。風なし。気温4度。防寒着を重ね着した。6時近く…

  7. 枯れ蓮/Rollei Superpan 200

    Rollei Superpan 200 Ai-Nikkor 180f2.8s…

  8. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。