カマキリの横睨み

やっとこさ、オオハナアブを摑まえた。

よく頑張った。

立ち並ぶセイタカアワダチソウの花序の周りにはそれなりのオオハナアブがやって来るのだが、足掛かりを確かめて体を伸ばし、ウリャ~と襲いかかろうとすると、寸前にタリラリラ~と逃げられていた。

俺が摑まえてやろうかと感じるほどトロく思えたな。

それによく観察していると、花序の真下に隠れている別のカマキリが他のアワダチソウへ綱渡りするみたいに移っていく者もいた。

そんな時に限って後にしたセイタカアワダチソウにオオハナアブがやって来るから

「もうちょっと、我慢していればよかったのに」

と哀れんでしまう。

いずれにせよ、このカマキリは捕獲に成功した。

ムシャムシャ食べ出す。

食事に夢中になっているところを背後からそっと近づいたのだが、殺気を感じたみたいで振り返りざま、俺を睨みやがった。

今季はセイタカアワダチソウとカマキリのコラボをよく見かけるもんだ。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  10月上旬撮影 阿賀野市

未確認鳥類

撮影の最中、カラスが数羽やって来て、木々の高い所で盛んにモビングしだした。

猛禽類が樹陰に潜んでいるのだろうと、そちらの方を注視していたら、やっぱり、何かがいるのですね。

カア、カア~と怒鳴り散らすカラスに対し、

「オホッ、ウプッ」

と、喉を鳴らすような連続音を発して対抗しているようだ。

フクロウの類いと思っているのだが、どうなんだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寸光

夜明け・福島潟

関連記事

  1. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日…

  2. 母校の桜を見上げてみた

    RVP100 Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3 胎内市…

  3. ハクチョウ

    新発田市五十公野公園。叔父さんがパン屑を蒔いている傍ら、28…

  4. ぺたんこ蛙

    朽ちた竹棒のテッペンに“伏せ蛙”がいた。縁を掴む手つきが妙に…

  5. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  6. 葉っぱだけならチンゲン菜

    2016年4月上旬撮影 新発田市・滝沢にて 圧倒的な落ち葉が川端にまでせり出…

  7. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  8. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。