役目を終えた鬼灯はクモ巣を引きずって花瓶の中に納まっていた

実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。

役目を終えたホオズキは、玄関脇で、埃を被り蜘蛛の巣を引きずった姿で空花瓶の中に収まっていました。

ホオズキは漢字で【鬼灯】とも書く。

亡き父や先祖の霊が迷わずに帰って来るためには鬼気迫るような赤々と燃え盛る提灯でなければいけなかったのだろう。

そうした解釈をすれば、ホオズキはある意味、縁起物でもあるわけです。

(縁起でない物を仏壇に飾るわけない)

それが雨風には晒されていないものの、“呼吸”も出来ないほど、肌が醜く汚れ果てていたのですね。

不憫に思いました。

埃を払って、フィルムで写真を撮ってみた。

背景は車庫の外壁。

スレート張りのつなぎ目が写り込まないよう注意して、陽の光が雲で幾分和らいだ時にパシャリしたのでした。

下部より手製レフ版でその表面に光を少しだけ傾けています。

枯れホオズキが命を宿した姿で浮かび上がってくれればいいのだが・・・。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  9月下旬 胎内市にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

蛸足絞り・鳥屋野潟

セイタカアワダチソウの中 もしかすると産卵場所探し?大カマキリ

関連記事

  1. ミツバツツジは振り向いてくれない

    先月27日の撮影ですから、今は既に花落ちて、その盛りの姿はありません。…

  2. 樹液塊・ここまでカモフラージュされると判別不能 …

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから、そ…

  3. 今になって『タラの芽』の写真

    昨夜、タラの芽を食べている夢を見た。故郷の胎内市の飲み屋で同級生の仲…

  4. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか…

  5. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  6. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  7. 命紡ぐ 朽ち葉かな

    撮影の背景待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草…

  8. まるで宝石!・自然が造る色は極彩色 光沢ある輝き…

    息を呑む・・溜め息がでる・・ウットリする・・声も出ない・・図鑑でしか見て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。