オニグルミの雌花

2015年5月6日(水) 正午頃撮影

雌雄同一株で、雄花は10㎝ほどの花序をビロ~ンと垂れ下げますが、雌花はその年の若芽から花柱を立てるようです。

その鮮やかな色彩は日本の伝統色で言うなら韓紅花(からくれない)。

若芽の萌黄色との対比が美しく、気持ちが昂ぶりました。

鳥屋野潟公園、流れの小径沿い。

見上げる高さで花柱を付けますがここは土手下から生えているので上の道沿いからは水平目線での撮影が可能でした。

背景をオニグルミの葉でとろけさせてみました。

大きな葉は帆のように風を受け止め枝を揺らします。

揺れては近くのベンチで一休みしながらの撮影でした。

RVP100 105㍉F4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大きめのフキノトウ

菖蒲(あやめ)

関連記事

  1. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

  2. 銀鼠・ウラギンシジミ

     遠くからその存在を認めつつも、ガムの包み紙と思っていた。近づいて、それが生…

  3. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジライ…

  4. 黄色い夜明け

    先ほど会社から帰ってきた。14時間は会社にいた。それでいて土日も仕事…

  5. ハラビロカマキリ

     たぶん、きっと、ハラビロカマキリだろう。黄緑色で胴がデップリしているし、よ…

  6. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  7. 泡沫の流れ b

    眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者…

  8. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。