オニグルミの雌花

2015年5月6日(水) 正午頃撮影

雌雄同一株で、雄花は10㎝ほどの花序をビロ~ンと垂れ下げますが、雌花はその年の若芽から花柱を立てるようです。

その鮮やかな色彩は日本の伝統色で言うなら韓紅花(からくれない)。

若芽の萌黄色との対比が美しく、気持ちが昂ぶりました。

鳥屋野潟公園、流れの小径沿い。

見上げる高さで花柱を付けますがここは土手下から生えているので上の道沿いからは水平目線での撮影が可能でした。

背景をオニグルミの葉でとろけさせてみました。

大きな葉は帆のように風を受け止め枝を揺らします。

揺れては近くのベンチで一休みしながらの撮影でした。

RVP100 105㍉F4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大きめのフキノトウ

菖蒲(あやめ)

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. 半夏生(はんげしょう)

    2015年7月5日(日)撮影。”半夏生”・・美しい名前です。…

  3. 夜明け終いの頃

    26日の夜明けの始まりは風もなく湖面が染まる雲を映し出していましたが…

  4. 鳥屋野潟・ジェット

    8月4日に撮影している。風を感じました。あの台風がまだ九州の南海上にあって…

  5. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  6. 冬の青空

    写真は大雪が去った翌13日の午前中、鳥屋野潟公園で撮影した。手前のケヤキを…

  7. ビッグスワン、強烈な朝焼け

    薄い桃色が次第に濃くなり、朱色に変わり、やがて赤味が増して、そのピー…

  8. ロウバイ

     横殴りの雪と風、そしてどんよりした雲のせいか園内は私の他、誰一人いません。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。