オニグルミの雌花

2015年5月6日(水) 正午頃撮影

雌雄同一株で、雄花は10㎝ほどの花序をビロ~ンと垂れ下げますが、雌花はその年の若芽から花柱を立てるようです。

その鮮やかな色彩は日本の伝統色で言うなら韓紅花(からくれない)。

若芽の萌黄色との対比が美しく、気持ちが昂ぶりました。

鳥屋野潟公園、流れの小径沿い。

見上げる高さで花柱を付けますがここは土手下から生えているので上の道沿いからは水平目線での撮影が可能でした。

背景をオニグルミの葉でとろけさせてみました。

大きな葉は帆のように風を受け止め枝を揺らします。

揺れては近くのベンチで一休みしながらの撮影でした。

RVP100 105㍉F4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大きめのフキノトウ

菖蒲(あやめ)

関連記事

  1. ユスリカと朝焼け

    2015年6月5日(金)撮影早朝4時前に上沼橋に到着。冷たい風が…

  2. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  3. 藪の中 マユミの実

    2013年12月1日正式にはスポーツ公園、長潟の森地区。公園柵ぎ…

  4. 半分、赤い・・鳥屋野潟

    なんだか、“半分、赤い”焼ける前から雲の動きを見ていて「これは半分だ…

  5. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  6. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  7. 杭とサギ

    2015年5月30日(土)撮影既に掲載済みの”光る雲”の約1…

  8. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。