いっぱい光を浴びなさい

今のうちに沢山の光を浴びなさい。

太陽が照っているうちに思いっきり葉を伸ばしなさい。

そのうちカタクリが起きだして、光を浴びたくてもその葉っぱの影になっちまう。

そのカタクリだって頭上の木々の若葉の影で、花の時期を終えてしまうのだから。

大地に芽吹いた命は等しく太陽の光を享受しうる・・小さなものから大きなものへと順番に。その一発目がこのキクザキイチゲに思えてきた。

初々しい容姿にもかかわらず、力の限り陽を集めている。

健気で美しいと感じました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  3月下旬 村上市

*思うに、キクザキイチゲに似ているアズマイチゲを見かけなくなった。ほぼ同じような場所で咲いているはずなのに。葉っぱの形で区別がつく。

どうしちゃったのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

三角関係

福島潟 いつもの木・富士がB/Wフィルムの製造販売を中止した

関連記事

  1. ミツバツツジは振り向いてくれない

    先月27日の撮影ですから、今は既に花落ちて、その盛りの姿はありません。…

  2. 樹液塊・ここまでカモフラージュされると判別不能 …

    樹皮がめくれたか、そのコブだろう・・そう思うか気にもとめない。だから、そ…

  3. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  4. 萌える若葉とツツジに包まれる春

    眩しいほどの緑に叫んでしまいました。キャ~とかオォ~とかウリャ~とか…

  5. オーレンはオウレンで黄連だった

    オーレンと検索しても、どうりで「春の草花」にヒットしないわけだ。「こ…

  6. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX …

  7. 命紡ぐ 朽ち葉かな

    撮影の背景待ちに待った朝陽が伸びて、一気に光輝きだした名も知らぬ下草…

  8. まるで宝石!・自然が造る色は極彩色 光沢ある輝き…

    息を呑む・・溜め息がでる・・ウットリする・・声も出ない・・図鑑でしか見て…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。