燃えない山の端

既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠くの山なみさえ霞んで見えず。

水面は微かに揺らぐ程度で「こんな時に遠くの稜線沿いが赤いルージュを引いたようになったら、どんなになるのか」などと思案しながら腰を下ろしていると・・・

「どうも、すみません」風に太陽がちょこんと顔を出してきた。

この時期、日の出前にスッコ~ンと晴れ渡ると山の端が真っ赤に燃えるのですが、この日はこんな具合で朝がやって来たのでした(26日撮影)。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  福島潟

魂が揺さぶられる

『ねむの木のこどもたちとまり子』 平成17年、ねむの木学園発行の画集。

古本屋で有名どころの絵画集を探していて、めぼしい画集を手に取ってはパラパラめくり、本棚に戻しては次、次、次。なかなか決まらない。

ところがこの画集を手にとって、中を開いたらクラッときた。

全て学園の子供達が描いた絵。吸い込まれる絵で、ウルウルと涙目になっていく。「心が洗われる」とはこういう事をいうのだろう。

この本を連れて帰ったのは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水芭蕉

染まれ~ もっと染まれ~!

関連記事

  1. またも、土手下のエノコログサ

    2015年10月12日(祝)早朝 撮影またも、土手下のエノコログサ。…

  2. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

  3. 夜明けの幾何学

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  4. 冷たいタカアザミ

    天気痛気圧が急激に変化すると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたり、…

  5. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  6. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  7. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  8. 日の出前・福島潟

    写真は3日の撮影いよいよ川霧が・・固唾を呑んで見守るも私の居た場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。