燃えない山の端

既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠くの山なみさえ霞んで見えず。

水面は微かに揺らぐ程度で「こんな時に遠くの稜線沿いが赤いルージュを引いたようになったら、どんなになるのか」などと思案しながら腰を下ろしていると・・・

「どうも、すみません」風に太陽がちょこんと顔を出してきた。

この時期、日の出前にスッコ~ンと晴れ渡ると山の端が真っ赤に燃えるのですが、この日はこんな具合で朝がやって来たのでした(26日撮影)。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  福島潟

魂が揺さぶられる

『ねむの木のこどもたちとまり子』 平成17年、ねむの木学園発行の画集。

古本屋で有名どころの絵画集を探していて、めぼしい画集を手に取ってはパラパラめくり、本棚に戻しては次、次、次。なかなか決まらない。

ところがこの画集を手にとって、中を開いたらクラッときた。

全て学園の子供達が描いた絵。吸い込まれる絵で、ウルウルと涙目になっていく。「心が洗われる」とはこういう事をいうのだろう。

この本を連れて帰ったのは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水芭蕉

染まれ~ もっと染まれ~!

関連記事

  1. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  2. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  3. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  4. 露の花

    女房や娘にボクの撮った写真を見せると「おとなしい」「動きがない」「ワ…

  5. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  6. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  7. ツバメシジミ

    この草は何処でも見かけますが、名前が分からない。図鑑で調べようにも似たような…

  8. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。