燃えない山の端

既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠くの山なみさえ霞んで見えず。

水面は微かに揺らぐ程度で「こんな時に遠くの稜線沿いが赤いルージュを引いたようになったら、どんなになるのか」などと思案しながら腰を下ろしていると・・・

「どうも、すみません」風に太陽がちょこんと顔を出してきた。

この時期、日の出前にスッコ~ンと晴れ渡ると山の端が真っ赤に燃えるのですが、この日はこんな具合で朝がやって来たのでした(26日撮影)。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  福島潟

魂が揺さぶられる

『ねむの木のこどもたちとまり子』 平成17年、ねむの木学園発行の画集。

古本屋で有名どころの絵画集を探していて、めぼしい画集を手に取ってはパラパラめくり、本棚に戻しては次、次、次。なかなか決まらない。

ところがこの画集を手にとって、中を開いたらクラッときた。

全て学園の子供達が描いた絵。吸い込まれる絵で、ウルウルと涙目になっていく。「心が洗われる」とはこういう事をいうのだろう。

この本を連れて帰ったのは言うまでもありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水芭蕉

染まれ~ もっと染まれ~!

関連記事

  1. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  2. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

  3. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  4. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  5. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  6. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  7. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  8. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。