ウリャ~

必死の形相で立ち向かってきたザリ君。

地面に突っ伏してカメラを構えたら、激しく威嚇してきた。

「それ以上近づくなよ」とばかりに体を起こし、両腕を拡げたもんね。

35ミリ準広角レンズでギリギリまで近づいたせいでしょう。

背景の緑はハスの葉っぱ。

こちらは蓮畑へ、相手はその小径を横切ろうとしていて出会ったのでした。

撮影後は彼の背中を掴んで脇の泥池にポチャンした。可哀想でそうしたけど、はたしてその行為は結果的に良かったのだろうか。

RVP100  NikonF5  

2017年9月撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オーバーホール

泡沫の流れ b

関連記事

  1. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  2. 12月初っぱなの福島潟

    全く関係ない話運転中、モシモシやっていたら、普通車で18,0…

  3. 朝陽シジミ

    新潟市・福島潟 2016年7月10日、早朝5時前後の撮影 朝露をたっぷりとま…

  4. 夜の竜巻ハウス

    早朝6時過ぎに到着。竜巻ハウスに照明が灯っている。「ガン観察…

  5. 夢の中

     寝ている時にみる「夢」って何を表しているんだろう?その人の希望?、願望?、…

  6. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  7. 眠れたかい?

    エノコログサの懐で一夜をあかしたアキアカネ。夜明けは冷え込んだから、この光…

  8. トンボと水団子

    新潟市・福島潟  雨上がりの池の畔、草むらから突き出た枯草にトンボがとまった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。