ウリャ~

必死の形相で立ち向かってきたザリ君。

地面に突っ伏してカメラを構えたら、激しく威嚇してきた。

「それ以上近づくなよ」とばかりに体を起こし、両腕を拡げたもんね。

35ミリ準広角レンズでギリギリまで近づいたせいでしょう。

背景の緑はハスの葉っぱ。

こちらは蓮畑へ、相手はその小径を横切ろうとしていて出会ったのでした。

撮影後は彼の背中を掴んで脇の泥池にポチャンした。可哀想でそうしたけど、はたしてその行為は結果的に良かったのだろうか。

RVP100  NikonF5  

2017年9月撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オーバーホール

泡沫の流れ b

関連記事

  1. 朝陽沸く

    退院3日目。点滴針を刺していた右肘内側の皮膚が赤く腫れて痛い。触ると熱を帯び…

  2. 枯れ蓮/Rollei Superpan 200

    Rollei Superpan 200 Ai-Nikkor 180f2.8s…

  3. アマガエル

     カエルはあんまり好きではないが「雨蛙」なので撮ることにした。雨がしとしと降…

  4. グリーン・グリーン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  5. 福島潟・水鏡

     放射冷却現象で霧が発生するだろうとの算段で、暗いうちから岸辺に立ち、その時…

  6. たわわな実・ヘクソカズラの実

    杭に絡みついた蔓の主はヘクソカズラですねぇ~。杭は高さが3メ…

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。