ウリャ~

必死の形相で立ち向かってきたザリ君。

地面に突っ伏してカメラを構えたら、激しく威嚇してきた。

「それ以上近づくなよ」とばかりに体を起こし、両腕を拡げたもんね。

35ミリ準広角レンズでギリギリまで近づいたせいでしょう。

背景の緑はハスの葉っぱ。

こちらは蓮畑へ、相手はその小径を横切ろうとしていて出会ったのでした。

撮影後は彼の背中を掴んで脇の泥池にポチャンした。可哀想でそうしたけど、はたしてその行為は結果的に良かったのだろうか。

RVP100  NikonF5  

2017年9月撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オーバーホール

泡沫の流れ b

関連記事

  1. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

  2. 寒~い福島潟

    2016年1月24日(日)撮影か? 雲間からの真っ赤な光芒を期待したが、厚い…

  3. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  4. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  5. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  6. 予期せぬ朝焼け・福島潟

    11月25日の福島潟、夜明けの写真です。山ぎわがこんなに明るくなってからで…

  7. 吹き溜まりで見つけたもの

    4時起きしてやって来た福島潟、待っていたのは暗闇と寂れた湖面と冷たい風。撮…

  8. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。