シオカラトンボ

この記事は1分で読めます

 福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。
まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休めて体力の回復を図っているのか。
暗い水面に映り込んだ右上の葉陰の形や大きさにこだわった。
 撮影当日、捕虫網を持った写真屋がいた。「何でだ?」と
気になっていたが、その網でトンボを捕まえ、何らかの方法で
弱らせて気に入る葉先や花びらに止まらせ撮影に興じていた。
これをどう思うかは皆さんの判断に任せます。

 RVP100 105ミリ NikonF5   2014年6月頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2018.02.16

    凍吹雪
  2. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
  3. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。