シオカラトンボ

 福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。
まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休めて体力の回復を図っているのか。
暗い水面に映り込んだ右上の葉陰の形や大きさにこだわった。
 撮影当日、捕虫網を持った写真屋がいた。「何でだ?」と
気になっていたが、その網でトンボを捕まえ、何らかの方法で
弱らせて気に入る葉先や花びらに止まらせ撮影に興じていた。
これをどう思うかは皆さんの判断に任せます。

 RVP100 105ミリ NikonF5   2014年6月頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動滝

かたくりの花

関連記事

  1. タカアザミに姫

    垂れ下がったタカアザミの花で吸蜜中のヒメアカタテハ。公園で見…

  2. 福島潟の朝焼け

     4時、福島潟 蓮池側駐車場。いつもの駐車スペースに車を止めて車中で準備。三…

  3. 出るかぁ~どうだぁ

     まさしく、題名の通り、日の出の瞬間です(4時半ぐらいかな)。ホントはもっと…

  4. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

  5. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  6. ん?・・

     背丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地を背…

  7. 薄桃色の夜明け・福島潟

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  8. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。