シオカラトンボ

 福島潟で昨年に撮影したシオカラトンボ。
まだ陽がささない早朝の時間で羽根を休めて体力の回復を図っているのか。
暗い水面に映り込んだ右上の葉陰の形や大きさにこだわった。
 撮影当日、捕虫網を持った写真屋がいた。「何でだ?」と
気になっていたが、その網でトンボを捕まえ、何らかの方法で
弱らせて気に入る葉先や花びらに止まらせ撮影に興じていた。
これをどう思うかは皆さんの判断に任せます。

 RVP100 105ミリ NikonF5   2014年6月頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動滝

かたくりの花

関連記事

  1. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  2. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  3. 遙かな福島潟

    写真は15年ほど前のもの・・と思われる。恥ずかしい話、ちょう…

  4. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  5. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  8. とにかくかわいい紋白蝶

     朝焼け狙いで土手に上がったものの、雲が厚く、染まらず。そんな時は足元の蝶々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。