寂れた冬がやって来る

新潟市・島見海岸にて、11月11日撮影

11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。

窓枠のビニールなんてゴワゴワはためいて、よだれのように千切れ飛び、砂と潮でメガネが白濁し、口のまわりをペロリンチョするとジャシジャシと塩っぱかった。

レンズのピントリングはゴリゴリ。ヘリコイドに砂が入り込んだんだ。

被っていた帽子は直線でズバッと飛んでいき、行方知らずになっちまった。

家に戻って風呂に入ると、なんと湯船の底に砂が溜まっている。

それなのに、撮影時に経験した“荒ぶ冬の浜”とは程遠い写真が出来上がった。

荒涼とした冬の浜辺を意識して、敢えて嵐がMAXになった昼の11時頃に併せて撮ったにもかかわらず、嵐が去った後のような物静かな絵になっちまった。

『寂れた冬がやって来る・・かもしれない』・・が正しいタイトルだな。

撮る側の感情移入や思い込み、かたや、そのまんまを切り取る写真・・そのギャップが現れた典型的なもの。体感が激しかったせいか。

余談(18日の出来事)

アルビが勝った。でも、降格が決まった。

この日、試合が始まる前の周辺道路は観戦に向かう車で混雑した。雨は涙雨になった。みんなどんな気持ちで家路についたのだろう。

RVP100 Ai-Nikkor 50 f/1.2s NikonF5  新潟市・島見浜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小高い丘の上から・海

赤い滴・サルトリイバラ

関連記事

  1. 街中の鳥居

    新潟市白山神社の鳥居、先月27日の撮影です。こんな天気が新潟の空にあ…

  2. 福寿草・パラボナアンテナ

    体調が回復してきたのか、傍らでビールをあおる女房が気になりだした。…

  3. 萬代橋

    地元新聞社社屋近くの河川敷から。信濃川の右岸側から古町方面を…

  4. どちらも高くて 手が届きません・・

    写真は昨日の午後の撮影。信濃川の右岸側の土手をチャリブラして…

  5. ハイボール

    新しい生活様式なのか、最近は家呑みが流行っているらしい。「らしい」と…

  6. 三角タワーとクラゲ雲

    『入船みなとタワー』を袴付近から仰いだ図(5月23日撮影)。…

  7. 腐食するトタン

    ACROS 100Ⅱ cosina voigtlander ultron 4…

  8. 捻れたネットにゆく夏をかさねる

    Kodak t-max100 Ai-Nikkor 24f/2.8s+Y2 N…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。