寂れた冬がやって来る

新潟市・島見海岸にて、11月11日撮影

11日、爆弾低気圧の通過で雨、潮、砂、ごちゃ混ぜの嵐の中で撮影している。

窓枠のビニールなんてゴワゴワはためいて、よだれのように千切れ飛び、砂と潮でメガネが白濁し、口のまわりをペロリンチョするとジャシジャシと塩っぱかった。

レンズのピントリングはゴリゴリ。ヘリコイドに砂が入り込んだんだ。

被っていた帽子は直線でズバッと飛んでいき、行方知らずになっちまった。

家に戻って風呂に入ると、なんと湯船の底に砂が溜まっている。

それなのに、撮影時に経験した“荒ぶ冬の浜”とは程遠い写真が出来上がった。

荒涼とした冬の浜辺を意識して、敢えて嵐がMAXになった昼の11時頃に併せて撮ったにもかかわらず、嵐が去った後のような物静かな絵になっちまった。

『寂れた冬がやって来る・・かもしれない』・・が正しいタイトルだな。

撮る側の感情移入や思い込み、かたや、そのまんまを切り取る写真・・そのギャップが現れた典型的なもの。体感が激しかったせいか。

余談(18日の出来事)

アルビが勝った。でも、降格が決まった。

この日、試合が始まる前の周辺道路は観戦に向かう車で混雑した。雨は涙雨になった。みんなどんな気持ちで家路についたのだろう。

RVP100 Ai-Nikkor 50 f/1.2s NikonF5  新潟市・島見浜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

小高い丘の上から・海

赤い滴・サルトリイバラ

関連記事

  1. 出港

    佐渡汽船『あかね』が新潟港から出港していく。だんだん小さくな…

  2. ダイハツじゃない

    おもむろに「大八車って知ってるか」と、わたくし。「知ってるよ!ダイハツの車…

  3. 小屋番する猫・にゃろめぇ~!

    なんだぁ~・・ニャロメェ~。太陽が眩しいんじゃないぞ、オレを…

  4. 秋の夕空

    暑い一日(気温34度を記録)が終わろうとしている。蒸し暑さが…

  5. 轍のむこう

    小屋番している半ノラを認めるも陽は雲の中。雲間から太陽が覗いてから猫…

  6. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  7. ブタ猫 チビタン

     子猫の頃からよく親猫が裏庭に連れてきていた。ほかに別家族の野良猫もいたがこ…

  8. 浜猫・小屋番する猫

    ACROS 100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Niko…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。