目覚め・紋黄蝶

黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。でも今年はどういうわけかモンキチョウが断然多い気がしてならない。

昨年はキチョウが多かった。同じ時期、同じ場所でそう感じるのだから、そうなのだろう。これは何故なのだろう。

発生時期がちょっとズレただけだ・・と、結論づけるのはいかがなものか。

ボクの行動範囲が極端に狭く、もっと隈無く歩き回れば、毎年同じような数のキチョウと巡り会えたかも知れない。強いて言えばそのあたりが観察する側の改善点か 。

今年、キチョウは1頭も撮影出来ていない 😥

河川敷の草むらで夜露を凌いだモンキチョウだ。よく観ると、右側にセセリチョウの仲間みたいなヤツもとまっている。

寝転がって撮影した。背景の上の部分に民家をぼかして入れた。説明しないとわからないだろう。

部屋の中で寝ていて、カーテンの隙間から朝日が射してきて目覚めるケースは人間界でよくあるが、その同じ時間、蝶はこんな風にして朝を迎えている。

陽が昇って1時間近く経っている。体に付いた夜露もあらかた消えかかってきた。

じっくり体を温めているのだろう 🙂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

秋溜まり

ウマノスズクサは生きていた

関連記事

  1. 凍み渉るハンノキ・ReversalFilm Ve…

    RVP100 Ai-Nikkor 24f2.8s NikonF324㍉レ…

  2. 蜘蛛の水玉

     霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、形あるものの表面は…

  3. Spur Silversalt Dev.でRol…

    Nikonf3 Ai-Nikkor24f2.8s Rollei Retro8…

  4. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのド…

  5. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  6. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前…

  7. 長靴と紋黄蝶と牛の額

    「牛の額」とはウシノヒタイであって「ミゾソバ」の別名。「紋黄」とは紋のあ…

  8. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。