カマキリのポートレート

身を隠す場所なら幾らでもあるというのに、ママコノシリヌグイ?の花の下、風に揺られながら、近づく獲物を狙っているカマキリ様でしょう。

私がカマキリなら、近くのセイタカアワダチソウの葉影で待ち伏せする。その方が、勢いよく襲いかかる瞬間に踏ん張りが効く。野太い茎が体を支えてくれるだろうし。

暇なら葉っぱのシーツで眠ることだって出来る。小腹が空いたら、茎の溝に沿って点在する黒飴(アブラムシの一種?)をペロリンチョすることも可能だろうに。

けれでも、撮影する側にとってみれば、この上ない条件だ。一方は背景にセイタカアワダチソウが整然と並び、アウトフォーカスすると薄緑色に淡くボケてくれる。

もう片方の背景は広い空き地。邪魔する枝も何もない。綺麗に抜けてくれそうだ。

光回りも悪くない。どっちにしろ36×24のフォーマットに計ったように収まりそう。

それで、両方から撮ってみた。その間カマキリ様は天を見上げてくれたり、ギョロッと左右に頭を振ったり、カマを持ち上げてくれたりもした。

もっとも視線の先にはアキアカネが飛び交っていたんだけどね。

この写真は体の起こし具合がちょうどいいやと感じた時のもの。野草はママコ・・だろう。う~ん・・? ウシノ・・にも見えてくるんだけどなぁ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s(f4半、1/80) NikonF5  10月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜明けの蓋が開くとき

極彩色な鳥屋野潟

関連記事

  1. ドッキリ・・蛾

    一瞬、ギクッとなった。ハグルマトモエ、漢字で歯車巴蛾と書く。…

  2. 赤と白の長靴

    RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3…

  3. ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

    クソ暑い日が続き、些細なことにまでイライラしていたが、こうも続くとそ…

  4. 朝露

    スギナ全体が朝露に包まれていた。ここは三川村 たきがしら湿原。かつて…

  5. 時化の日

    Rollei Sperpan200 Ai-Micro Nikkor 55f2…

  6. 蘇るホオズキ

    実家の盆棚に飾ってあったホオズキ。役目を終えたホオズキは、玄…

  7. ふるさとの海

    日本海に沈む太陽。ふるさとの海。東京に出て、白い砂浜でないの…

  8. ガガブタ

    過去写真ちょうど8月のこの時期と記憶している。新潟県聖籠町に位置…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。