遅れてきた夏・コムラサキ

梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目に浮かんだかな。集まってくる蝶の中では一番図体がデカいのに控えめでした。

美味しい樹液穴を本能で知り得ていながら、カナブン、スズメバチに追いやられ、終いには仲間であるはずのキタテハやジャノメチョウに食事場所を占領され、葉影越しに「チュウチュウしたいんだけど」と切なげな顔を覗かせていましたね。

夏が過ぎて誰もいなくなったその場所で、ゆっくり食事にありついておりました。

でも、なんだか寂しそう(当時の賑わいと比べて見ているせいか)。

確かにずっと見守っていたコムラサキの♀だった。

左の翅はボロボロで見るに絶えず、右向きになるまで辛抱強く待っての撮影。

ハスキー三段三脚をフルに伸ばし、それでも高さが足りず、エレベーターで雲台を上げて、およそ30度の角度で仰ぎ見る形で撮影している。

レンズはマニュアルだから左手でピントを合わせて、その手でレフを翳し、右手でシャッターを押している。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  新発田市 9月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

under construction

Big Swan

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  3. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  4. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿…

  5. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. ノコギリクワガタの品格

    8日に出会ったノコギリクワちゃんより一回り大きい。体長50㎜は優に超…

  8. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。