遅れてきた夏・コムラサキ

梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目に浮かんだかな。集まってくる蝶の中では一番図体がデカいのに控えめでした。

美味しい樹液穴を本能で知り得ていながら、カナブン、スズメバチに追いやられ、終いには仲間であるはずのキタテハやジャノメチョウに食事場所を占領され、葉影越しに「チュウチュウしたいんだけど」と切なげな顔を覗かせていましたね。

夏が過ぎて誰もいなくなったその場所で、ゆっくり食事にありついておりました。

でも、なんだか寂しそう(当時の賑わいと比べて見ているせいか)。

確かにずっと見守っていたコムラサキの♀だった。

左の翅はボロボロで見るに絶えず、右向きになるまで辛抱強く待っての撮影。

ハスキー三段三脚をフルに伸ばし、それでも高さが足りず、エレベーターで雲台を上げて、およそ30度の角度で仰ぎ見る形で撮影している。

レンズはマニュアルだから左手でピントを合わせて、その手でレフを翳し、右手でシャッターを押している。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  新発田市 9月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

under construction

Big Swan

関連記事

  1. キクザキイチゲ紫花

    関川村鷹巣キャンプ場です。ここに来ると気持ちがワクワクする。母のふるさと…

  2. 元旦の朝 旧中条町若宮神社 柴橋川縁の家・Ric…

    RICOH・GRⅢxRICOH・GRⅢxを手にとってみた。外観・・GRⅢ…

  3. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリするだ…

  4. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒラヒラさ…

  5. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. ともしび

    暗く沈んだ朽ち葉を闇夜とみるなら、赤朽ち葉はともしびか。舞い落ちた葉…

  7. 杉林の底は枝葉布団がヌクヌクで温かいのだ・Ric…

    RICOH・GRⅢx枝葉が幾重にもなった杉林の底床は僅かに射し込む陽の光…

  8. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのあり…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。