遅れてきた夏・コムラサキ

梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目に浮かんだかな。集まってくる蝶の中では一番図体がデカいのに控えめでした。

美味しい樹液穴を本能で知り得ていながら、カナブン、スズメバチに追いやられ、終いには仲間であるはずのキタテハやジャノメチョウに食事場所を占領され、葉影越しに「チュウチュウしたいんだけど」と切なげな顔を覗かせていましたね。

夏が過ぎて誰もいなくなったその場所で、ゆっくり食事にありついておりました。

でも、なんだか寂しそう(当時の賑わいと比べて見ているせいか)。

確かにずっと見守っていたコムラサキの♀だった。

左の翅はボロボロで見るに絶えず、右向きになるまで辛抱強く待っての撮影。

ハスキー三段三脚をフルに伸ばし、それでも高さが足りず、エレベーターで雲台を上げて、およそ30度の角度で仰ぎ見る形で撮影している。

レンズはマニュアルだから左手でピントを合わせて、その手でレフを翳し、右手でシャッターを押している。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  新発田市 9月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

under construction

Big Swan

関連記事

  1. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

  2. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  3. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  4. 夏の入道雲

    瓢湖の裏側から新発田市方面に広がる田園地帯での一コマ。8月に入り稲穂が…

  5. フキノトウ・旨い!

    フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。こんなに旨いもの…

  6. 俺だけ見て!と言うけれど

    「後ろの仲間はいいから、俺だけ見て!」健気でか弱そうな姿にし…

  7. 萼裏白瓔珞(ガクウラジロヨウラク)

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  8. 初めてのツマグロヒョウモン

    ツマグロヒョウモンの♂。初めて観て、そして撮った。SNSの投稿でよく見かけ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。