遅れてきた夏・コムラサキ

梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目に浮かんだかな。集まってくる蝶の中では一番図体がデカいのに控えめでした。

美味しい樹液穴を本能で知り得ていながら、カナブン、スズメバチに追いやられ、終いには仲間であるはずのキタテハやジャノメチョウに食事場所を占領され、葉影越しに「チュウチュウしたいんだけど」と切なげな顔を覗かせていましたね。

夏が過ぎて誰もいなくなったその場所で、ゆっくり食事にありついておりました。

でも、なんだか寂しそう(当時の賑わいと比べて見ているせいか)。

確かにずっと見守っていたコムラサキの♀だった。

左の翅はボロボロで見るに絶えず、右向きになるまで辛抱強く待っての撮影。

ハスキー三段三脚をフルに伸ばし、それでも高さが足りず、エレベーターで雲台を上げて、およそ30度の角度で仰ぎ見る形で撮影している。

レンズはマニュアルだから左手でピントを合わせて、その手でレフを翳し、右手でシャッターを押している。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  新発田市 9月23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

under construction

Big Swan

関連記事

  1. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄…

  2. 真冬の岸壁に鮮烈カラー

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f2.8s NikonF…

  3. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

  4. 大輪菊

     「おめに菊、無理だでば~」「薄らばがっ!」そんな気ないし、聞いてもいないの…

  5. 霧と白鳥

     放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。岸辺の桜並木と近くの…

  6. ドクダミへの想い

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  8. 火星、火山、脳みそ・・

    またまたヘンテコなキノコを見つけた。公園の縁沿い、辺りは芝やらカタバミが生…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。