朝焼けと爺さん

じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目かも」「テストで点数が足りないと、医師の診断が必要になってくるんです」と呟いた。

確かに足腰が弱そうだ。三脚を担いで歩く姿は前屈みで、急いているのか肩で大きく息をする(首にはもう1台、カメラをぶら下げている)。

そのじいさんが最近よく夜明けの鳥屋野潟に現れるようになった。8月に入ってからほぼ毎日だ。その意気込みには敬服する。しかし、此方は内心ハラハラしている。

じいさんの地味な服装に。

上下ほぼグレー色。薄暗い中では道路の路面と区別しにくい。動く車の運転席から見れば、なだらかに上昇右カーブ。車のライトが下向きなら間違いなく気がつかない。

いくら歩道で自身は白線内側といえども、三脚の脚は車道に出ている。まだ暗い中で通る車はかなりのスピード。そのうち接触事故に遭うんじゃないかと心配だ。

それで、警察から頂いた手や脚に巻き付ける反射材を渡そうと常に持ち歩いているのだが、いまだ渡せないでいる。互いに会話しているのに、その時になると出過ぎた事かな・・と思い留まってしまう。

写真は8月20日(日)に撮影したもの。この時も隣りにじいさんがいたのでした。

RVP100 AI-Nikkor 50 f/1.2s(f5.6、1/15)   鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オレンジ潟

縄文の光

関連記事

  1. これもキノコ

    右がソフトボール程の大きさ。左はさらに一回り大きい。キノコの一種、ホコリタ…

  2. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  3. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  4. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  5. 火の粉が湖面に降り注ぐ

    RICOH・GRⅢ(8月21日土曜日撮影)雲が燃えて火の粉が湖面に降り注…

  6. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、なんにも…

  7. 天女はどこへ消えた? 

    天女の羽衣みたいに見えたのは気のせいかな。現像が出来上がってくる間、「露出…

  8. 6月22日午前4時7分

    夏至を一日過ぎた22日の鳥屋野潟。太陽の位置はよく判らないけ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。