「大したことない」朝焼け

「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。

上沼橋の欄干に立って、鳥屋野潟を臨んでいた独りの男がそう言うなり踵を返すと、路上に止めてあったエンジンかけっぱなしの車に乗り込んだ。

運転席からふてくされた顔して此方を見ているので、何か私に用事でもあるのかとその男の顔に視線を注入しながら近づきかけたら、顔色変えて急発進した。

大体、あんなことを平気で吐き捨てる人間は偽者が多い。

そうだとしても、あの男が言うようにこの日も「大したことない」朝だった。けれど、此方は少しの望みを持って、粋な朝焼けを待っているんだな。

目の前の朝焼け・・なんだか気の毒そう。そう思って1枚だけ撮影した。

「なぁ、朝焼けさんよ。あんな事言われて、嫌じゃないか?」「俺だったら我慢できないけどな~」そう呟きながらパシャリ。

でも、考えてみれば、あれは俺に向かって吐いた言葉だったのかな・・。そうだとしたら、そのうち、「あっ」と言うような鳥屋野を撮ってやるもんね!

・・・なかなか撮れません・・その「あっ」は(本音です)

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s(5.6、1/8秒) NikonF5  7月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジャノメチョウ♂

チョウトンボ

関連記事

  1. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. オレンジ潟

    前回写真の続きです。“桃色潟”から“オレンジ潟”へと切り替わりました…

  7. 街の音・鳥屋野潟

    空間を隙間無く埋め尽くす蝉の音の勢いがいきなり逸れた流れる風の向きが変わっ…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。