「大したことない」朝焼け

「なんだ、大したことないんだな」・・周りに聞こえる声に振り向いた。

上沼橋の欄干に立って、鳥屋野潟を臨んでいた独りの男がそう言うなり踵を返すと、路上に止めてあったエンジンかけっぱなしの車に乗り込んだ。

運転席からふてくされた顔して此方を見ているので、何か私に用事でもあるのかとその男の顔に視線を注入しながら近づきかけたら、顔色変えて急発進した。

大体、あんなことを平気で吐き捨てる人間は偽者が多い。

そうだとしても、あの男が言うようにこの日も「大したことない」朝だった。けれど、此方は少しの望みを持って、粋な朝焼けを待っているんだな。

目の前の朝焼け・・なんだか気の毒そう。そう思って1枚だけ撮影した。

「なぁ、朝焼けさんよ。あんな事言われて、嫌じゃないか?」「俺だったら我慢できないけどな~」そう呟きながらパシャリ。

でも、考えてみれば、あれは俺に向かって吐いた言葉だったのかな・・。そうだとしたら、そのうち、「あっ」と言うような鳥屋野を撮ってやるもんね!

・・・なかなか撮れません・・その「あっ」は(本音です)

RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s(5.6、1/8秒) NikonF5  7月22日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ジャノメチョウ♂

チョウトンボ

関連記事

  1. 全滅

    インフルA型に感染し、床に伏しておりました。生産的戦闘能力なんてあってたま…

  2. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  3. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  4. 落ち葉とロングドレス

    2015年11月15日(日)撮影雨脚が弱まって、公園に行って…

  5. ヤマトシジミちゃん

    2015年8月30日(日)撮影ヤマトシジミ。小っちゃい。翅の表は…

  6. 雪の声

    「とうとう逝っちゃたかな」・・そう思われるのが嫌なんであんまり喋った…

  7. 雨雲

    ずっと遠く、山の稜線上で堰き止められた雨雲がだんだん折り重なって、地上と天井…

  8. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。