ジャノメチョウ♂・炎天下の撮影で熱中症一歩手前のフラフラ状態

寝苦しい夜でもないのに、嫌な夢を見続けていたようです。

ちょうど北朝鮮がICBM級ミサイルを発射した頃、私はカブトムシの脚が採集中に欠損し残念がったり、悲しんだり、またクワガタのハサミで指を挟まれ、痛くて手を押さえ込んだりしている夢を見ていた。

パッと、目が覚めて、「なんであんな夢を・・」

思い倦ねているうちにまた眠りに落ちて、今度は三脚に据えたカメラが雲台の締め付けが甘く、雲台が下を向き、カメラのレンズが三脚の脚に当たって、レンズ本体に打痕が生じる・・そんな夢を見た。

あまりにも現実的で、夢でないような夢なんで、気持ちが悪い。

寝苦しいと感じるのはそのせいなのか。

昨日に引き続き、地味な蝶、意地悪な蝶。ジャノメチョウ。此方は♂タイプ。

図鑑で調べて見ると、私が目にしたジャノメチョウは焦げ茶色が全体に濃いような感じがしないでもない。図鑑の写真やネットで見る写真はもう少し薄い色合いだ。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  三脚使用 新発田市 7月中旬撮影

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

意地悪なジャノメチョウ・炎天下の撮影で終いにはフラフラした

「大したことないじゃん」・・朝焼けを眺めていた男がそう呟く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む