枯草色と赤朽葉 秋が深まり肌寒さを感じる・ポジ&NikonF5

鳥屋野潟公園、花育・食育センター側一角での撮影。

ここは夏の間、湖底の堆積物を汲み上げる機材の搬入路であり仮置き場だった。

撤去後は我先にとばかり成長し、風にそよいでいた雑草。

誰も気にも留めない雑草でもある。

それが秋の深まりとともに色彩が薄れ、冬の足音が聞こえ始めるとやがて枯れ草色に変わり始めた。冷え込みが強くなるにつれ濃なっていく。

ムラサキシキブの撮影のため近くを通る度、気になっていた。

低気圧が通り過ぎた翌朝、陽が射し急いで現場へ行くと辺りには枯葉。

太陽に向かってしゃがみ込み、そのまま腹這いになる。

するとどうでしょう。くすんだ枯れ葉と紅葉が鮮やかに光り輝いて見えます。

上着もズボンも濡れたけど、枯れゆく儚さにただ感動するのみ。

ベルビア100 105ミリマクロ NikonF5

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

期日前投票の朝・タイトルをどうしようか悩んでおられますな

初冬の福島潟にて・Ai-Nikkor35f2s&NikonF5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む