枯草色と赤朽葉

この記事は1分で読めます

 鳥屋野潟公園、花育・食育センター側一角での撮影。
ここは夏の間、湖底の堆積物を汲み上げる機材の搬入路であり仮置き場だった。
撤去後は我先にとばかり成長し、風にそよいでいた雑草。
誰も気にも留めない雑草でもある。
それが秋の深まりとともに色彩が薄れ、冬の足音が聞こえ始めると
やがて枯れ草色に変わり始めた。冷え込みが強くなるにつれ濃くなっていく。
 ムラサキシキブの撮影のため近くを通る度、気になっていた。
低気圧が通り過ぎた翌朝、陽が射し急いで現場へ行くと辺りには枯葉。
太陽に向かってしゃがみ込み、そのまま腹這いになる。
するとどうでしょう。くすんだ枯れ葉と紅葉が鮮やかに光り輝いて見えます。
上着もズボンも濡れたけど、枯れゆく儚さにただ感動するのみ。
 ベルビア100 105ミリマクロ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  2. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  3. 2018.02.16

    凍吹雪
  4. ReversalFilm NikonF3 

    2019.10.05

    夜明けの炎雲
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。