枯草色と赤朽葉

鳥屋野潟公園、花育・食育センター側一角での撮影。

ここは夏の間、湖底の堆積物を汲み上げる機材の搬入路であり仮置き場だった。

撤去後は我先にとばかり成長し、風にそよいでいた雑草。

誰も気にも留めない雑草でもある。

それが秋の深まりとともに色彩が薄れ、冬の足音が聞こえ始めると、やがて枯れ草色に変わり始めた。

冷え込みが強くなるにつれ濃くなっていく。

ムラサキシキブの撮影のため近くを通る度、気になっていた。

低気圧が通り過ぎた翌朝、陽が射し急いで現場へ行くと辺りには枯葉。

太陽に向かってしゃがみ込み、そのまま腹這いになる。

するとどうでしょう。くすんだ枯れ葉と紅葉が鮮やかに光り輝いて見えます。

上着もズボンも濡れたけど、枯れゆく儚さにただ感動するのみ。

ベルビア100 105ミリマクロ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

期日前投票の朝 

初冬の福島潟にて

関連記事

  1. 鳥屋野潟・長雨のあと

    今日ようやく梅雨が明けた。その梅雨明けの日の朝を写真に収めよ…

  2. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

  3. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

  4. 霧の鳥屋野潟

    RVP100 Ai-Nikkor 35/2s NikonF5風・・ま…

  5. 龍神雲

     ビッグスワンの紅白バージョンライトアップは外壁だけで、スタジアム内部の照明…

  6. 何じゃこりゃ その名は「オニフスベ」

    明け方まで雨が降る。気温20度、朝晩は涼しくなった。6時頃に雨があがり午後に…

  7. トワイライト ゾーン

    「春はあけぼの」と言われるこの時期、日の出時刻が近づいてくると地上付近が真っ…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。