意地悪なジャノメチョウ

こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。

私が彼らの中心にいて彼らはかくれんぼを楽しむかのように周りでフラつく。忙しなく私に近づいて「アラヨッ!」と、股の間をすり抜けていくヤツもいる。

だから親近感が沸いてくるのだが、そこまでなんです。コイツ、性格悪すぎ。手を差し出せば触れそうなのに、何故か此方が近づくのは許してくれない。

大勢いるのだが2頭でじゃれ合っている姿を多く見かける。でも会話は長くは続かない。すぐに別れてはほかの相手のところへ地面スレスレの千鳥足で飛んでいく。

輪の中から外れて、「撮影出来る時があるんだろうか」と様子を見てみる。

なかなか着地しない。「よ~し、そこにとまってくれ~」・・間違いなく、とまらないのだ。とまりそうで、とまらない。

クロアゲハ、キアゲハ、そしてアオスジアゲハだって、着地しそうで、着地しない。動きも速い。アイツらは見た目でそんな感じがするから諦めがつくのだ。

観ていると二頭で会話を楽しむ時間はそろそろ終わりなようで、ツツジの灌木の下あたりで休むようになってきた。

そんな中で撮ったのが写真のジャノメチョウ。

コイツは薄焦げ茶で一回り大きいから♀だろう。ツツジの葉にとまったところをサッとピントを合わせて、ようやく撮ったもの。

近づくことが出来てもレンズのピントリングを回しているうちに「そんじゃ!」。なんどもやられて自暴自棄になりかけていた頃でしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ノコギリクワガタの品格

ジャノメチョウ♂

関連記事

  1. ねじの回転

    確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で…

  2. 赤い滴・サルトリイバラ

    サルトリイバラの赤い実。11月上旬、新発田市・五十公野(いじみの)の林の中…

  3. “観音”すみれ

    タチツボ?・・判断に迷う時は昔から、撮影した場所の地名を頭に付けて呼んで…

  4. 色を忘れた紅葉

    灌木の裾からキジでもなくヤマドリでもない、そんな類いの野鳥がヒョッコリ姿…

  5. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. ノコギリクワガタの品格

    8日に出会ったノコギリクワちゃんより一回り大きい。体長50㎜は優に超…

  8. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。