意地悪なジャノメチョウ

こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。

私が彼らの中心にいて彼らはかくれんぼを楽しむかのように周りでフラつく。忙しなく私に近づいて「アラヨッ!」と、股の間をすり抜けていくヤツもいる。

だから親近感が沸いてくるのだが、そこまでなんです。コイツ、性格悪すぎ。手を差し出せば触れそうなのに、何故か此方が近づくのは許してくれない。

大勢いるのだが2頭でじゃれ合っている姿を多く見かける。でも会話は長くは続かない。すぐに別れてはほかの相手のところへ地面スレスレの千鳥足で飛んでいく。

輪の中から外れて、「撮影出来る時があるんだろうか」と様子を見てみる。

なかなか着地しない。「よ~し、そこにとまってくれ~」・・間違いなく、とまらないのだ。とまりそうで、とまらない。

クロアゲハ、キアゲハ、そしてアオスジアゲハだって、着地しそうで、着地しない。動きも速い。アイツらは見た目でそんな感じがするから諦めがつくのだ。

観ていると二頭で会話を楽しむ時間はそろそろ終わりなようで、ツツジの灌木の下あたりで休むようになってきた。

そんな中で撮ったのが写真のジャノメチョウ。

コイツは薄焦げ茶で一回り大きいから♀だろう。ツツジの葉にとまったところをサッとピントを合わせて、ようやく撮ったもの。

近づくことが出来てもレンズのピントリングを回しているうちに「そんじゃ!」。なんどもやられて自暴自棄になりかけていた頃でしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ノコギリクワガタの品格

ジャノメチョウ♂

関連記事

  1. 遅れてきた夏・コムラサキ

    梢の高い所で樹液の残り汁を指を咥えて「私にも吸わせて!」とせがんでいた姿が目…

  2. 深山茜(ミヤマアカネ)

    ホバリングしている姿を正面から眺めると翅の茶色い帯が空中に弧を描く。…

  3. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  4. 娘さんの首筋・猩猩袴

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  5. 体は白黒、ストローは黄色・ゴマダラチョウ

    昨年夏、エノキやコナラの高い所で飛び交っているのを見ていた。「持っているカ…

  6. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  7. トキワハゼ

    最近、その辺の公園でよく見かけます。調べて見ると、寒い冬以外は咲いているら…

  8. ショウジョウ三姉妹

    撮影の実際新発田市・本田小学校近くにある「坊住池(ぼうじゅういけ)」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。