意地悪なジャノメチョウ

こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。

私が彼らの中心にいて彼らはかくれんぼを楽しむかのように周りでフラつく。忙しなく私に近づいて「アラヨッ!」と、股の間をすり抜けていくヤツもいる。

だから親近感が沸いてくるのだが、そこまでなんです。コイツ、性格悪すぎ。手を差し出せば触れそうなのに、何故か此方が近づくのは許してくれない。

大勢いるのだが2頭でじゃれ合っている姿を多く見かける。でも会話は長くは続かない。すぐに別れてはほかの相手のところへ地面スレスレの千鳥足で飛んでいく。

輪の中から外れて、「撮影出来る時があるんだろうか」と様子を見てみる。

なかなか着地しない。「よ~し、そこにとまってくれ~」・・間違いなく、とまらないのだ。とまりそうで、とまらない。

クロアゲハ、キアゲハ、そしてアオスジアゲハだって、着地しそうで、着地しない。動きも速い。アイツらは見た目でそんな感じがするから諦めがつくのだ。

観ていると二頭で会話を楽しむ時間はそろそろ終わりなようで、ツツジの灌木の下あたりで休むようになってきた。

そんな中で撮ったのが写真のジャノメチョウ。

コイツは薄焦げ茶で一回り大きいから♀だろう。ツツジの葉にとまったところをサッとピントを合わせて、ようやく撮ったもの。

近づくことが出来てもレンズのピントリングを回しているうちに「そんじゃ!」。なんどもやられて自暴自棄になりかけていた頃でしょうか。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用 新発田市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ノコギリクワガタの品格

ジャノメチョウ♂

関連記事

  1. 迷彩雀・ウンモンスズメ

    三角形。カタチからしてまるで戦闘機だ。これはスズメ蛾科の特徴であ…

  2. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが、「…

  3. 赤谷のサル

    農家の所有する柿の木にサルがやってきた。映ってないがサルの視線の先に…

  4. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたのタバ…

  5. 散りゆくまえに

    雨上がりの林の中、鮮やかに紅葉した葉を見つけた。山際の斜面で、ひときわ…

  6. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  7. チューリップ畑-2

    相次ぐ爆弾低気圧の接近で西日本は冷凍庫の中のよう。春の気配なんて風雪で…

  8. 縄文の光

    8月27日の朝は盆休み期間中の鬱憤を晴らしてくれるぐらい太陽が輝いてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。