生まれたてトンボ

からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどんな種類のトンボで雄雌の区別は・・なんて聞かれてもオイラには答えられない。

写真仲間のk氏のブログやら昆虫図鑑などで調べても、いまひとつ種類の断定に踏ん切りが付かないでいる。これはトンボを区別するための要所を押さえていないオイラの勉強不足のせいに他ならない。

ともあれ、こんな状態のトンボが至る所にぶら下がっていた。

至る所・・歩む先々の草むらからキイトトンボも舞い上がる・・そんなわけで、どれをどう撮ろうか迷うほどで、終いにはいい加減、気持ちが萎えてしまいました。

目移りしすぎて、撮りたい相手が定まらない・・のですね。

逆光でレンズの鏡胴内にハレーションが発生してきた。レンズ面の反射で相手さんも嫌がってることだろう。1枚撮って、引き下がろうとしたら・・逃げられた。

内心、逃げてくれて助かった。体の至る所にアリが入り込んできていたのですね。

*この日の反省

1.頭には手ぬぐいを被る
2.暑くても長袖着用、これ大事

家に戻り水風呂入り、また頭をバリカンで丸めたのでありました

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5 三脚使用  新発田市 7月8日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

腐敗

キイトトンボ

関連記事

  1. 姫は眠ったまま

    阿賀町・たきがしら湿原 6月19日(日)撮影たきがしらはいつまで…

  2. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  3. 保護色

    これも【保護色】でしょうか。外敵から身を守ったり、またその逆に待ち伏…

  4. 霧と白鳥

     放射冷却が起き、遠く五頭連峰が霧の中に消えていった。岸辺の桜並木と近くの…

  5. ヨシゴイとオニバス

    陽が陰った分だけ青系の発色が強くでたような。オニバスの花が咲いている頃だか…

  6. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  7. ホオズキ・鬼灯

    ホオズキは漢字で鬼灯と書く。お盆の時期に仏前やお墓に備えるの…

  8. バンの親子

    撮影地:新潟県 瓢湖/夏(過去写真) お気に入りなのか、しょっちゅうこのポイ…

コメント

  1. こんばんは。
    このトンボはシオカラトンボ♀ですかね。
    羽化直後は翅に汚れや傷がなくて、繊細で美しいものです。
    何度見てもいいね!です。
    今朝もガッツリと撮影してきました。しかし、暑いです。夏バテしそう・・・

    • シオカラトンボの♀ですか。有り難うございます。
      「今朝もガッツリ・・」ですか・・羨ましいです。写真のアップ楽しみにしてます。こらは事故防止研修に参加してました。
       ところで、黒色で胴だけ黄色いトンボ、あれ池の中にポチャポチャ落ちているのですね。羽根を震わせた状態で。拾い上げると、飛べるのですが、翅に水滴がたっぷりまとわりついていて、すぐに近くに落ちる。5,6匹いまして、いずれも生きている。アメンボみたいに水面を泳いでいるとしか見えない・・そんなの見ました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。