泣き出しそうな鳥屋野潟

耐えられないくらい、たっぷり水分を含んだ大気に包まれている。

雨がポツリと落ちてくるんだろうな・・なんて思いながらも念のため撮影準備。

夜明けが近づいてくると、当然なんですが、明るくなってきた。

ところが、明るくなる度合いが、予想していた以上で、「なんなんだ?」と。

それは雲がなくなって、覆いのとれた空の様子が凪いだ湖面に映り、湖面自体がレフ板みたいな役目をしたんですね。

ただそれだけのことなんだけど、出来るだけ丁寧に露出を決めてみた。

この日は1発撮り。

1枚しか撮らないとなると、ああでもない、こうでもない・・と、いろんな事が頭をグルグル駆け巡り、シャッターを押すに押せなくなってしまう。

 RVP100 AI-Nikkor 35 f/2s(f5.6) NikonF5  6月下旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ベニシジミ

もしかして、大スクープ!・・?

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 緑炎

    新潟市・鳥屋野潟公園 写真は8月13日早朝、鳥屋野潟公園、鳥見庵脇の草地で撮…

  3. 燃える水面

    今朝の鳥屋野潟は戸惑いましたぁ~。地上近くに雲の帯が真北から東にかけ、…

  4. 鳥屋野潟・日の出

     写真は今月12日に撮影した鳥屋野潟の日の出。今日18日、仕上がりを取りに行…

  5. ヤマトシジミ

    写真のシジミ蝶はヤマトシジミ。6月25日、近くの鳥屋野潟公園・流れ沿…

  6. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影前回掲載した写真が午後のもので、これは朝…

  7. 鳥屋野潟・Gradation

    ♬~夜と朝のあいだに ひとりの私~・・・ピーターの持ち歌だったっけ、それと…

  8. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。