鳥屋野潟・くすむ青

本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。

早めに起きていながら雲が多くて、家で髭を剃ったりしながら外の様子をうかがっていたら一気にド~ン。

時刻にして4時を回っていて、「ダメか~」と思っていただけに面食らってしまった。やっぱり、気を抜くとこんな目に遭うんだな。

直ぐさま出掛けたが、そこには朝焼けの名残があるだけ。陽はまだ昇っていなかったけれど、あの真っ赤なトマトジュースみたいな光芒は消え失せてしまっていた。

その余韻が残る空と湖面を対岸の街並みを挟んでいつものように定点撮影するのみ。アングルをどうのこうのと考える時間も無かった。

掲載写真は今日の姿ではない。6月10日に撮影したもの。

この前日の鳥屋野潟は既に掲載している。あの真っ赤かな鳥屋野潟がそう。そんなこと考えると、自然の織りなす色彩は多様で飽きませんね。

身近な場所でさえ、こうも色合いが変わるのですから。

撮影の実際

最初は雲の薄い部分が左右に線を引いたように見えていて、朝焼けの刻を迎えたらいいかもしんない・・そう思っていたのだが・・。皮肉にもタイミング良く隙間が消えてしまいました。

 RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NikonF5と三脚

ウスバシロチョウ

関連記事

  1. 夜明けの蓋が開くとき

    9月下旬の撮影です。スカッと晴れ上がり、風も無い・・霧が出るかもと予想して、…

  2. 雨に光るホトケノザ

    新潟市・鳥屋野潟公園本日4日は目の定期検診日。極度の…

  3. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  4. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  5. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  6. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  7. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  8. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。