鳥屋野潟・くすむ青

本日6月21日の朝焼けはちょっと興奮した。

早めに起きていながら雲が多くて、家で髭を剃ったりしながら外の様子をうかがっていたら一気にド~ン。

時刻にして4時を回っていて、「ダメか~」と思っていただけに面食らってしまった。やっぱり、気を抜くとこんな目に遭うんだな。

直ぐさま出掛けたが、そこには朝焼けの名残があるだけ。陽はまだ昇っていなかったけれど、あの真っ赤なトマトジュースみたいな光芒は消え失せてしまっていた。

その余韻が残る空と湖面を対岸の街並みを挟んでいつものように定点撮影するのみ。アングルをどうのこうのと考える時間も無かった。

掲載写真は今日の姿ではない。6月10日に撮影したもの。

この前日の鳥屋野潟は既に掲載している。あの真っ赤かな鳥屋野潟がそう。そんなこと考えると、自然の織りなす色彩は多様で飽きませんね。

身近な場所でさえ、こうも色合いが変わるのですから。

撮影の実際

最初は雲の薄い部分が左右に線を引いたように見えていて、朝焼けの刻を迎えたらいいかもしんない・・そう思っていたのだが・・。皮肉にもタイミング良く隙間が消えてしまいました。

 RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

NikonF5と三脚

ウスバシロチョウ

関連記事

  1. 梅の蕾

    先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今…

  2. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  3. 秋雨と蟷螂

     『蟷螂』・・何でこんな漢字?読めても、書けない漢字である。書けなくてもさし…

  4. 東雲色の鳥屋野潟

    2015年5月1日(金)撮影 上沼橋4時過ぎ到着。雲はありませんが、春特有の…

  5. 冬の落ち葉

    吹雪いた翌朝、鳥屋野公園に出掛けました。積雪で30センチ近くありま…

  6. いにしえの開拓者

    “清五郎八人衆”。鳥屋野潟公園とスポーツ公園のちょうど際沿い、“清五郎1…

  7. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

  8. コバンソウの素顔

    朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。花が付いている個体を探したが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。