空も湖面も真っ赤か

夜明けが近づいて、覆う雲が次第に薄れてきたとは言え、街の向こう、遠く見えるはずの山脈は今だ雲の中。頭上を流れる風が雲を蹴散らしているようだが、日の出前には・・どうだろう。

三脚をしっかり設置しながら、頭の中ではそう思いながら、明けゆく鳥屋野潟を見やっていたら、急に赤く染まりだした。

どうやら、雨雲が山の端を乗り越えて、向こうへ消え、替わって薄雲が流れ込んできたようです。朝焼けの時間帯にタイミング良く重なりそうな気配。

その様はビーカーの中の液体にスポイトで“赤い色素”を一滴ずつ垂らしては、グルグルかき混ぜて様子を見て、また一滴・・ポタリ・・・。

そんな理科の実験めいた事を何度も繰り返しているようで、終いには「一寸、入れ過ぎなんじゃないの」と言いたいぐらいに真っ赤かな鳥屋野潟になった。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  6月9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

染まる鳥屋野潟

NikonF5と三脚

関連記事

  1. 鶴と蔓

    2016年1月17日(日)撮影 なんだぁ~? どうなってるんだぁ~?枯れアジ…

  2. 赤の刻

    16日の鳥屋野潟、夜明け前の姿です。Facebookでは当日にGRⅡ…

  3. 清五郎の夕焼け

    2015年5月9日(土)撮影夕方、鳥屋野潟公園に行く。道路がいつもより混雑…

  4. マルバマンサク咲く

     「まず、最初に咲く」からマンサクとも言われますが、「じゃあ、ロウバイや福寿…

  5. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

  6. 秋色の風・鳥屋野潟

    仕事が忙しい。そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも楽しん…

  7. 春先の気候の変化は心の変調?

    マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。…

  8. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。