黄昏カエル

こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。

スリーブをチェックして、良さげなコマを切り取ってマウントして、スライドホルダーに保存する前にスキャンした。

念のため酒飲んで酔っ払う前の奥様に観て貰ったら、「後ろ向きのカエルに決まっているニャン!」と即答されたので掲載してみた。

ニャン・・?・・もしかすると・・すでに酔っている?・・そんな不安が一瞬よぎるものの、返事が『前向きのカエル』ではなかったのでホッとした。

わかるだろうか?・・ちょこっとご覧になる目を引っ込めたり、前に出したりすると、フォーカスアウトしたカエルの背中がカエルの喉に見えてくるのが。

つまり、こちらを向いている姿に見えてくるんだな。

ただ、それだけのこと

撮影の実際

川面のキラキラにこだわった。丸ボケを意識し、半ステップの絞り込みにとどめた。

右側の岩陰。なんとかして構図から外そうと撮影位置を、ジワジワ変えようとしたが無理。いまにもチャッポンと向こうへダイブする雰囲気ぷんぷんな姿に動けません。

だったら、岩陰の対角に丸ボケを配置できたら・・なんて考えながらチャンスを待っていたんだが、うまくはいきませんね。

このカジカガエル、長らく私と付き合ってくれました。足腰が痛くなって、ヨイショと立ち上がっても、動かなくなっていた。

今夜、メスを獲得する戦術でも練っているうちに眠ってしまったのでしょうか。

そうそう、フィルム詰めて、マイクロレンズに交換して、河原に戻って来た時の最初のカットが下の写真。この後、グルリと背後に回り込んで撮影したのでした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・夜明け前

鳥屋野潟・ミルメーク

関連記事

  1. 朝露トンボ

    サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。一応、調べて…

  2. ベニシジミのお宿はハルシオン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3(…

  3. 縄を張るトンボ

    小川沿いの石に翅を乾かすかのように止まっていて、近づくと飛び上がり、その辺を…

  4. 好きなレンズでカタクリを撮る

    カタクリの花茎部分に的を絞って撮影してみました。と、説明すれば「何か明確な…

  5. 大きめのフキノトウ

    2014年4月 関川村キャンプ場 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。様…

  6. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  7. 杉木立のトラフズク

    11月23日に行われた野鳥講演会で講師の方が「トラフズクのねぐらは三方が…

  8. キアゲハの死なない生き方

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。