黄昏カエル

こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。

スリーブをチェックして、良さげなコマを切り取ってマウントして、スライドホルダーに保存する前にスキャンした。

念のため酒飲んで酔っ払う前の奥様に観て貰ったら、「後ろ向きのカエルに決まっているニャン!」と即答されたので掲載してみた。

ニャン・・?・・もしかすると・・すでに酔っている?・・そんな不安が一瞬よぎるものの、返事が『前向きのカエル』ではなかったのでホッとした。

わかるだろうか?・・ちょこっとご覧になる目を引っ込めたり、前に出したりすると、フォーカスアウトしたカエルの背中がカエルの喉に見えてくるのが。

つまり、こちらを向いている姿に見えてくるんだな。

ただ、それだけのこと

撮影の実際

川面のキラキラにこだわった。丸ボケを意識し、半ステップの絞り込みにとどめた。

右側の岩陰。なんとかして構図から外そうと撮影位置を、ジワジワ変えようとしたが無理。いまにもチャッポンと向こうへダイブする雰囲気ぷんぷんな姿に動けません。

だったら、岩陰の対角に丸ボケを配置できたら・・なんて考えながらチャンスを待っていたんだが、うまくはいきませんね。

このカジカガエル、長らく私と付き合ってくれました。足腰が痛くなって、ヨイショと立ち上がっても、動かなくなっていた。

今夜、メスを獲得する戦術でも練っているうちに眠ってしまったのでしょうか。

そうそう、フィルム詰めて、マイクロレンズに交換して、河原に戻って来た時の最初のカットが下の写真。この後、グルリと背後に回り込んで撮影したのでした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・夜明け前

鳥屋野潟・ミルメーク

関連記事

  1. ツルシギ冬羽

    野鳥達の春の渡りシーズン真っ盛りだ。街中で普段聞いたことが無いような…

  2. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  3. 神社猫

    RICOH・GRⅡ品があるって言うか凜々しい・・そんな猫でございまし…

  4. 蕗と苔

    ただでさえ湿ったその場所は前夜の雷を伴った激しい雨のせいで、たっぷりと雨水を…

  5. 残り柿にツグミ

    土曜午後、ビール飲みたい気持ちを抑えて公園にやってきた。道路がやたら…

  6. 鳥坂山・薄紅色のイワウチワ

    イワウチワは岩団扇と書く。葉っぱの形が団扇に似ているからだ。私のように花…

  7. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  8. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。