黄昏カエル

こないだ掲載した『カジカガエル』のその後の構図がこうなった。

スリーブをチェックして、良さげなコマを切り取ってマウントして、スライドホルダーに保存する前にスキャンした。

念のため酒飲んで酔っ払う前の奥様に観て貰ったら、「後ろ向きのカエルに決まっているニャン!」と即答されたので掲載してみた。

ニャン・・?・・もしかすると・・すでに酔っている?・・そんな不安が一瞬よぎるものの、返事が『前向きのカエル』ではなかったのでホッとした。

わかるだろうか?・・ちょこっとご覧になる目を引っ込めたり、前に出したりすると、フォーカスアウトしたカエルの背中がカエルの喉に見えてくるのが。

つまり、こちらを向いている姿に見えてくるんだな。

ただ、それだけのこと

撮影の実際

川面のキラキラにこだわった。丸ボケを意識し、半ステップの絞り込みにとどめた。

右側の岩陰。なんとかして構図から外そうと撮影位置を、ジワジワ変えようとしたが無理。いまにもチャッポンと向こうへダイブする雰囲気ぷんぷんな姿に動けません。

だったら、岩陰の対角に丸ボケを配置できたら・・なんて考えながらチャンスを待っていたんだが、うまくはいきませんね。

このカジカガエル、長らく私と付き合ってくれました。足腰が痛くなって、ヨイショと立ち上がっても、動かなくなっていた。

今夜、メスを獲得する戦術でも練っているうちに眠ってしまったのでしょうか。

そうそう、フィルム詰めて、マイクロレンズに交換して、河原に戻って来た時の最初のカットが下の写真。この後、グルリと背後に回り込んで撮影したのでした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s NikonF5  5月29日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟・夜明け前

鳥屋野潟・ミルメーク

関連記事

  1. ザ・蛾!

    なんだ なんだ なんだ幹の腰高あたりにへばり付いた物体は一体…

  2. 水玉とキイトトンボ

    近づいてしゃがみ込むと、ポワ~と浮かび上がる。宙をゆっくり移動しながら、“着…

  3. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気は急…

  4. 命尽きる トンボ

    オオヤマトンボでしょうか。どうなんでしょう?ハッチョウトンボ&#x2642…

  5. トリバガとトリバゴ

    これ、蛾。トリバガの仲間なんだそうだ。どっかで聞いた…

  6. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  7. ハクセキレイ

     色合いが似ている奴にセグロセキレイがいる。どちらも白と黒だから遠く離れてい…

  8. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。